TOPページ御影湯 > 田中直人
 二十二回目ゲスト 田中直人 さん(NAOTO TANAKA)
名前 田中直人 さん
1964年10月1日生まれ。青森県出身。

「笑っていいとも」「天才たけしの元気が出るテレビ」「進め!電波少年」「ウッチャンナンチャンのウリナリ」などの日本を代表するバラエティ番組に参加。現在は「ぐるぐるナインティナイン」「エンタの神様」「ナイナイサイズ!」「ザ!世界仰天ニュース」「ザ!鉄腕DASH! !」「天才!志村どうぶつ園」「爆笑問題のススメ」などを手掛ける、バラエティ番組を代表する放送作家の一人。
ネタを作りあげてゆく
PHOTO PHOTO PHOTO PHOTO
高須 初めてきっちり採用された自分らしい企画ってどんな企画?
田中 う〜ん……テレビって演出なり、他の誰かの色が足されていくから
きっちりとなると…あ、その頃フジテレビで
自分らしい企画っていうのとは違うかも知れないですけど、
『オールスター変装大賞』っていう番組があって、
タレントさんが動物とか物体に変装して、オチというかストーリーがあって、
スタジオで大賞を決めるっていうものだったんですけど、本物のお城のてっぺんで
「ヒップアップが金のシャチホコ変装」ってヤツが採用も展開もきっちりでしたね。
あの番組はやっていて自分に生理的に合ってる仕事のような気がしたんですよ。
ディレクターと一緒に考えたストーリー展開がまんまとハマって大爆笑という
パターンは好きですね。その頃に知った快感です。
高須 作り上げるものが好きなんやね。
ロコモーションってすごいなと思うのが、みんな仲良いねんけど、
ちゃんとライバル意識持ってるよね。緊張感というか。
田中 意識はね、みんなちゃんとあるんでしょうね。
でも、意外と一緒に番組をやることが少なかったんですよ。
とくに僕はあんまりないですよ。『電波少年』のときくらいですよね。
高須 そう考えると『電波少年』ってすごいメンバーでやってたよね。
田中 でも企画段階では、僕は正式メンバーじゃなかったんです。
たまたま土屋さんと局で会って、たまたま暇だったんで「じゃあ会議来る?」って。
本当にたまたまで(笑)。
高須 そうやったんや。
俺は土屋さんと仕事やったことがないのよ。
いろいろ声はかけてくれたんだけど、諸問題があって参加出来なかった
『ガキの使い』の編成に土屋さんがおったときも
編集所に行ったこともなかったから、土屋さんの演出論とか
実はあんまり知らんのよね。どうやって撮るとか、どういう会議をするとか。
田中 『電波少年』で言うと、基本的には伊藤さんと同じなんです。
総合演出ということで、ネタを一個一個読みながら、
作家に話を聞きながら見ていくっていう。
とくに「アポなし」の頃ってショートネタのオンパレードだったから、
僕らが挙げたネタに対して会議でやり取りをするんですよ。
こうした方がいいんじゃないかっていうよりも、
ネタに対してイメージを膨らます会議。
高須 それは演出のイメージ?
田中 その更に前段階ですね。
ネタとして面白いか、バカバカしく突撃できるかどうかっていう会議だから、
オチまでの展開については全体会議の場ではあまり出ないです。
会議でネタが盛り上がったときに、「よし、これはどうにかしてやろう」と。
細かいストーリーはそれからですね。
高須 企画としてちゃんと進められるかの確認だけで、あとは持って帰っちゃうっていう?
田中 そうですね。
あとは、作家がみんないる中で、そのネタが面白いかどうかの確認に近いですね。
反応が鈍かったりすると、ちょっと考えようかっていう。
雑談に近い会議でしたよ(笑)。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved