TOPページ御影湯 > 樋口卓治
 二十回目ゲスト 樋口卓治 さん(TAKUJI HIGUCHI)
名前 樋口卓治 さん
→詳しいプロフィールはこちら
(※トップページ→「プロフィール」→「作家」→「樋口卓治」 )
オフィシャルBLOG http://blog.goo.ne.jp/takuzis1/
うわぁぁぁぁ! な気持ち
高須 これはもうみんなに聞いてるんだけど、
樋口くんの原点というか、
テレビを作る上で背骨になってるものってどんな番組?
樋口 これはもうありきたりですけど『ひょうきん族』だったり。
高須さん達と同じ世代ですから、このへんですよね。
高須 やっぱりそうやんなぁ。 『THE MANZAI』とか見てた?
樋口 見てました、見てました。
高須 誰が好きだった?
樋口 ん〜、やっぱり一番はツービート…。
高須 うんうんうん。
樋口 だけど、個人的にはさんまさんも大好きだったんですよ。
高須 だったら、『からくりTV』に自分が関わってるなんて
とんでもなく夢みたいなことだよねぇ。
遂にきたぁ! みたいなさ。
樋口 もうホントそうですよ!
実際に会ったら、倒れるかと思いましたよ。
高須 嬉しいんだよねぇ、憧れの芸人さんに会うってのがさ。
僕にとっては「東のビートたけし、西の島田紳助」だったんだけどね。
この業界に入る時、まず吉本の大崎さんに会うことになって
ダウンタウンの2人に連れられて、東京吉本の事務所に行ったのよ。
当時は東京吉本なんて立ち上がったばっかりで、
どこかのマンションの一室借りて、2DKに電話一本ひいて、
デスク一個置いて、みたいな感じ。
トイレなんかユニットバスで、汚い歯ブラシとか落っこちてんの。
んで、そんな東京吉本に行ったら、
なんと憧れの島田紳助が居たわけよ。
樋口 おお〜!
高須 大崎さんと話してたら、トイレの方から水の流れる音がして、
ガチャッと扉が開いたら、そこから紳助さんが出てきたから
「うわぁぁぁっ!」って、心の中で叫び声(笑)。
樋口 人生のドッキリみたいなもんですよね(笑)。
高須 ほんまほんま、そんな感じ!
ダウンタウンもちょっと緊張してたし、俺なんてまだ業界入りたてで
いつか会えるかな〜くらいに思ってたら、いきなりなんてさー。
しかも、自分が大崎さんと打ち合わせしてるトコに 横から
「吉本は嘘つきばっかりやで、信じたらアカンで」
とかツッコミを入れてくれてさぁ〜。
あの、島田紳助が! 俺の会話に! ツッコんでる!(笑)
この業界入って良かった〜と思った瞬間だった。
松本に誘われてよかったな〜と。
樋口 憧れの芸人に会えるって言うのは、すごいことですよね。
高須 しかも一緒に番組作ったりなんて、想像もつかへんよなぁ〜。
樋口 うんうん。
 
ビデオレターのひみつ
高須 それで『からくり』でバラエティを始めた後は、もうトントン拍子?
樋口 いやいや、トントン拍子ってわけじゃないんですが。
一本バラエティを持ったら、
他の番組の人達がウィンドウショッピングしてくれるじゃないですか。
番組を見て「へぇ、『からくり』やってる人なんだ」みたいな。
それで、次に決まったのが『TOKIO HEADS』だったんですよ。
高須 おー、そうなんや。
その時はゴウちゃん(合田隆信 TBS『ガチンコ』など演出)が
呼んでくれたの?
樋口 ですね。
当時『からくり』がちょっとしたブームみたいになってて、
数字がすごく良かったんですよ。
その中でも僕は「ビデオレター」のコーナーを担当させてもらってて、
それがすごく評判が良かったから、そのご褒美って意味もあっての
新番組起用だったのかもしれません。
高須 「ビデオレター」はすごいコーナーだからね〜。
良くできてるなぁと思うもん。おもしろい。
樋口 あれこそ、詩村さんのおっしゃってた『フリオチフォロー』ですよ。
高須 ヒット番組っていうのは、番組の顔になる企画っていうのがあるでしょ。
例えば『学校へ行こう』だったら、
僕はおちくんの考えた「未成年の主張」がそれにあたると思うし、
『からくり』だったら、間違いなく「ビデオレター」だと思うもん。
海外のVTRもおもしろいけど、ビデオレターは秀逸だと思う。
樋口 出てる素人の方たちが、もうなんとも言えずいいんですよ。
高須 あれは樋口くんのアイデアなの?
樋口 最初は江藤と話しているウチにカタチが出来上がったんです。
  (※江藤俊久「学校へ行こう!」「ぶっちゃけ99」総合演出)
とはいえ、あの企画にも詩村さんとか大岩さんとか、超人の皆さんの
意見がたくさん入ってて…。
例えばタイトルを『からくりビデオレター』にした方がいい、とか。
高須 そういう…なんていうのかなぁ…。
あのへんの人達の、なん十年もテレビを作りつつづけてきて見えてくる
微妙なことが、俺らには絶対分からなかったりするよね。
樋口 うん、ありますね。そういうの。
高須 ささいなことなんよ、タイトルの言葉尻とか。
だけど、それがパッケージ感を左右したりする。
樋口 そうなんですよ。
僕らだけでビデオレターを考えてた時は、
やっぱりお笑い大好きだから、
おもしろいものにしたいなぁと思うじゃないですか。
だけど、大岩さんのアドバイスは「感動をベースにひけ」と。
高須 すごい、確かにそれが正解だもんね。
樋口 おもしろいことをいうぞ、という目線にしたら、
おもしろくなかった場合に評価下がるわけですよ。
だけど感動がベースにあれば、たとえおもしろくなくったって
視聴者は文句を言ったりしないし、おもしろかったら
「うわ、感動もあるのに、おもしろいっ!」と、評価が上がる。
高須 うまいよね。優秀な企画だなぁと、あらためて思うよ。
樋口 ビデオレターにしても、他の企画にしても、
『からくり』の中で超人の皆さんから学んだことは、
ホントに多いんです。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved