TOPページ御影湯 > 松井洋介
 十八回目ゲスト 松井洋介 さん(YOUSUKE MATSUI)
名前 松井洋介 さん
1965年生まれ。
主な担当番組に「ワンナイR&R」「笑う犬の情熱」「銭形金太郎」「ネプリーグ」 「サッカー小僧7(10月より番組リニューアル予定!)」など。
好きなモノ:スタバのアイスラテ、レアルマドリッド、わたせせいぞう、ブックオフ。  
  大変だ大変だ。
梅雨が明けたと思ったら、いきなり猛暑。
どえらくあっちぃ。
カラッとした夏の空気に身体が喜ぶ間もなく、 ひたすらダレる。

太陽ジリジリ、風さえも暑い真昼。
都内某所の事務所で、この対談は幕を開けた。
エアコンが涼を運んで、じ〜んという機械音をたてる中、
その男はただ一人だけ、ただ一人だけで
だらっだらと汗をかき続けていた。
 
高須 あのさ……松井くん、始めてええかな?
松井 はいっ、もう、なんとか…汗も止まりまして。
高須 いや、止まってないよ。だらっだらやん、垂れてるやん(笑)。
松井 大丈夫です、大丈夫ですよ。
高須 どえらい汗やで(笑)
松井 でも言うときますけど、外が熱かっただけで
この汗は太ってるからやないですよ(笑)
  遅刻した松井さんは、地図を見間違え、迷子になっていた。
炎天下の中を走って走って、どうにかこうにかこの現場へ
やってきたのだ。
頭のてっぺんからぼたぼたと落ちる汗を、ティッシュで拭う拭う。
エアコンがガンガンに効いた部屋で、
松井さんただ一人が、汗を噴き出させていた。
 
高須 じゃあ、本人いわく大丈夫らしいので、はじめましょか。
松井くん、通称チャダ。いまや松井大先生ですよ。
----- チャダっていうのは随分知れ渡ってるニックネームですよね?
松井 ですね〜。
大阪でラジオの『ヤングタウン』のバイトをしていた頃に
毎日放送のチロリンさんに「インド人みたいな顔」って言われて、
そこから「インド人=チャダ」ってことで、
そのまま定着してしまったんですよ。
特に落ちはないんです。パッと言われて、ずっとそのままなんです。
高須 そんなチャダですよ。大先生ですよ。
松井 いやいやいや…。
高須 俺は、三木さん(作家の三木聡氏)と、
「作家で頂点に上りつめるヤツは誰だ?」って話をしたことがあって、
その時に
「やっぱり生き残るのは、チャダやな」という結論になりました(笑)。
松井 その根拠が僕にはまったく分かりませんのですが…。
僕はそれを聞いた時、
ああ、この先輩達はこうやって後輩をバカにしつつ〜、
自分たちのポジションをしっかりと〜確認してはるんやなぁ〜と…(笑)。
高須 そんなんじゃないって!
なんだかんだで、 この過酷な業界を生き残っていくのは、
チャダのような人間であると…。
松井 一個も根拠ないじゃないですかっ。
高須 それを〜、今からはっきりさせていくわけじゃないですか。
さあさあ、遡って聞いていきますよ。
 
高須 まずはこの世界に入るきっかけから。
松井 きっかけ…。
高須 すごく有名なタレントさんと、友達になったところから…なんだよね?
松井 そうですね。大学に行ったらですねー…、
森脇健児くんがぁ!いたんです(笑)
高須 そんなでかい声ださんでも(笑)
松井 僕もビックリしましたよ。 ホントにたまたまなんですよ?
行ってみたら、森脇くんと クラスが一緒で、ですねー…。
高須 って、ちょっと…汗だくやんか〜!
テーブルにしたたってるよっ(笑)
松井 えっ、ああ!
(ティッシュだけでは汗を拭えず、タオルを差し出される松井さん)
もう、これ…すんません〜。
(ふきふき…ふきふき)
でも言うときますけど、外が熱かっただけで
この汗は太ってるからやないですよ(笑)
高須 いや、誰もそんなん言うてないって!(笑)
松井 それでですねー、えーと、当時はまだ森脇くんもタレント活動とはいえ、
ラジオのレギュラーを持ってる程度で、まだまだ若手で。
僕は、そのラジオ『ヤングタウン』をよく聞いてたんですよ。
それで「あぁ、ラジオやってる森脇くんや〜」って思いつつ、
普通に仲良くなって、遊んだりするようになったんですね。
高須 そんな生活がしばらく続いたのね。
松井 ですね。僕は中学高校と寮生活だったんで、
情報源がラジオしかなかったんですよ。
寮はテレビなんて自由に見られないから、
深夜のラジオとかだけが 外界との接点、みたいなところがあって…。
ラジオからタレントさんが喋ってる中に、『ヤンタン』とかだと
「今、バイトの○○くんが〜」って会話がはさまったりするでしょ。
それはもう、すごく夢があるわけです(笑)。
「くぅ〜、楽しそうやなぁっ」って…タレントさんに名前呼ばれて、
アルバイトできるなんて夢のような世界だったわけです。
高須 うんうんうん。
松井 そうして大学いってみたら、 実際に『ヤンタン』に出て喋ってる
森脇くんがいて、 ここはひとつ、その『ヤンタン』のバイトを
紹介してもらえないか?って お願いしたんですね。
そしたら、いいよいいよ〜って言ってくれて、そのまま
『ヤンタン』の、たくさんいるバイトの中の一人におさまったんですよ。
高須 あれって、ラジオのADみたいなもんやんな?
松井 そうですそうです。
コピー取ったり、リスナーからの電話応対したり…。
高須 このへんから、チャダのドラマティック人生が始まっていくのよねー(笑)
松井 はじまりましたねぇ(笑)
ほいで、いざバイト始まったら、もう楽しすぎて楽しすぎて。
高須 『ヤンタン』はアイドルとか結構来るもんね。
そら楽しいよなぁ〜!
芸能界がすぐそばにあるねんもんなぁ。
チャダが見た中で、今でも覚えてるアイドルって誰?
松井 印象深かったのは…原田知世ちゃん!
高須 原田知世! びっくりした??
松井 生で見て、びっくりしましたよ〜。
彼女が飲んでいったジュースの紙コップか、収録後に残ってたんですよ。
それを誰が自分のものにするか…っていうので…(笑)。
高須 それはめっちゃめちゃ楽しいよなぁ(笑)。
変な話、コップ舐めた?
松井 そうっすね…でも僕はやってないっすよ!
僕は…ジャンケン負けましたから…(笑)。
高須 うはははは!
松井 まぁ、そんなミーハーな大学生でしたねー。
バイトが楽しすぎて大学あんまり行ってなかったから、
3年から4年に上がるときに、留年が決まったんですよ。
で、それを親に報告したんですね。
「すまん、留年した」と。
そしたらですね、父親がちょっと、激怒しまして…。
「そのバイトを辞めるか、家を出ていくか、どっちかにせぇ!」
言われて。
高須 実家出て行け、と。
松井 そんなん言われたから、僕は
「じゃ、家出ていきます」ってことで、実家を飛び出したんです。
高須 かっこええがな〜、これ〜。 決断したわけやね〜。
これがまず、最初のドラマティック、と…。
そんでそんで、その後は?
松井 結局、学費も稼がないといけなかったんで、
昼間はレンタルレコード屋のバイトをして、夜は『ヤンタン』っていう
あんまり大学行かない生活を続けていましたね。
当時、既に『4時ですよ〜だ』がはじまってたんですけど、
その番組の構成の、岡崎さんに顔を覚えてもらってまして…。
高須 あぁ、岡崎さんは『ヤンタン』もやってたからなぁ。
松井 それで、岡崎さんとか上の人達で
「『4時』のADが足らんから、チャダはどうやろ?」
みたいな話が あったんかな?
流れはよく分からないんですけど、 それで僕は呼ばれて、
『4時』のADもやることになったんです。
高須 俺とチャダが出会ったのはその時代やから…
今更こうやって話してるのって、
なんか気恥ずかしかったりするよなぁ(笑)
松井 ほんまですねぇ(笑)
高須 あの頃は、よぉ買い出し行かされたよな〜。
餃子買いに行かされたり、ハンバーガー買いに行かされたり…。
松井 はいはいはい…ありましたねぇ。
----- お二人にもそんな時代があったんですね。
高須 あったのよー、これが。
餃子とか全員分買いに行かされるんやけど、
これがいざ現場に持っていくと、
俺らまで食べる分が回ってけぇへんねん(笑)。
上の人達が食べるのをずーっと見てて「早よ回せやぁ!」とか
心の中でものっすご怒りながら、 じーっと我慢してて…。
松井 そうそう、そうでしたねぇ。
高須 まぁ…会議室に持っていく前に、
買い出し連中はみんな食べてんねんけどね(笑)
松井 そうそう、そうでしたそうでした、食べてました(笑)。
これは、もう今だから言えますけど…
みんな会議戻るのめんどくさいからぁ(笑)。
高須 めんどくさい、めんどくさい(笑)。すっげぇ戻りたくなかったもん。
松井 だから、餃子とかは…持ち帰りにする間に、
定食にして食べてましたもん、店で(笑)。
高須 えええええ〜っ!
って、俺もマックでハンバーガー喰ってたけど(笑)。
松井 あははは!
高須 戻るのめんどくさいから、みんなでダラ〜っと、店で時間潰すのよ。
買い出しの分とは別に、ハンバーガーとか追加で注文して、
各々食べて、経費でまとめて落として…(笑)。
「なぁ、どうする〜?」
「んー、さすがにそろそろ戻らんとあやしまれるんちゃう?」
とか言いながら、かったる〜く戻ってたりしたなぁ。
松井 ほんで、2丁目の上に上がるエレベーターの中で
みんな口周りをお互いチェックするんですよね(笑)。
高須 あーっ、やったやった!(笑)
松井 息をハーってやって、「ニンニクくさないか?」
歯をこうやって…口ひらいて見せて「ネギは挟まってないか?」
アホでしたよねぇ〜(笑)。
高須 あんなん、絶対ばれてたよなぁ!?
松井 ばれてたでしょう、そりゃあ(笑)
高須 本番の前に、必要な小道具とかも
買い出し行かなあかんかったりするやん。
そういう時は、必ず百貨店の地下食行って飯食ってたもん(笑)。
んで、領収書はいっしょにまとめてもらうねん。
松井 うははは! まじっすか(笑)
高須 やってたなぁ、そんなん。懐かしいわー。
 
高須 で、『4時』が終わって…その後ってどうしてたの?
松井 そのあと半年くらいは、いろんなテレビのADのバイトを
したりしたんですけど…なんていうんでしょう…
やっぱりおもしろいこととかを考えることの方が
楽しいなぁと 思ったんですね。
高須 その頃に、何かのタイミングでチャダは俺に
「高須さん…僕、作家になろうと思ってますねん」って
一言、聞いた覚えがあるのよ。
松井 ほんまっすか、僕、そんなん言いました??
高須 言った言った。ちょうど『ごっつ』が始まる前くらいやったかな。
ちょうどチャダ自身が、東京出てくる決心をしたくらいやったんちゃう?
松井 あぁ、大阪から東京に向かうときに、
確かに何人かの方にそう言ってご挨拶しましたね。
その頃は僕、越前屋俵太さんの番組のADを大阪でやっていて、
その現場でツマガリさんって方にお世話になってたんですけど、
その方にいろいろ相談してるうちに
「東京に出た方が、おもしろいこと考えるにはいいかもなぁ」って
思いだして、ツマガリさんにも勧められて…。
それで東京出てきたんですよ。
高須 東京では最初、ラジオ?テレビ?
松井 ツマガリさんの所属してる事務所が東京にあって、
そこへ紹介してもらったんですけど、
音楽番組をたくさんやってる会社だったんですね。
それで、最初は演歌番組とかやってましたねぇ。
高須 へえ、音楽番組!演歌かぁ。
松井 ぶっちゃけ、ここまでの道のりだって、言うたら「運」だけですよ。
大学に行って、森脇健児に会ってなければ、
そんなことで東京来たりはしてなかったでしょうし。
ここからは、更に「運」がまた…
すごい「運」がやってくるわけですけども。
高須 そうやねん、チャダドラマティックは、ここからがすごいんだよねぇ。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved