TOPページ御影湯 > 大岩賞介
 十三回目ゲスト 大岩賞介さん(SHOSUKE OHIWA)
名前 大岩賞介 さん
1945年10月17日生まれ。
携わった主な番組 「欽ちゃんのドーンといってみよう!」 「オレたち!ひょうきん族」 「THE MANZAI」 「恋のから騒ぎ」 「踊る!さんま御殿」 「さんまのスーパーからくりTV」 「特命リサーチ200X」 「世界まる見え!テレビ特捜部」 「笑いの巨人」他
大岩 あのねぇ、全然話は変わっちゃうんだけど、
こないだ『ごっつえぇ感じ』のスペシャルがあったでしょ。
高須 はいはい、やりました。
大岩 『ごっつ』をね、僕は昔っから、うちの子供達と一緒に 見てたんだよ。
コント番組って少ないから。
で、うちの子達はいつの頃からか『ごっつ』が
コントをやらなくなってから
番組がつまんなくなった、って言ってたんだ。
「何でコントをやらないんだ!?」って、
半ば怒ったぐらいの感じでね(笑)。
高須 はいはい。(苦笑)
大岩 で、こないだのスペシャルでは新旧のコントがたくさん
オンエアされるって言うんで、楽しみに見てたんだよ。
そしたら、やっぱりおもしろかったんだよ。
僕が見ててもおもしろかったし、子供達も笑ってた。
その中でもさぁ、【野生の王国】ってコントがあったじゃない?
高須 ありました、ありました。
大岩 僕、今日高須くんに会ったら、絶対言おうと思ってたんだ。
あれは久しぶりに、腹を抱えて笑った!
高須 うわっ、それは嬉しいです!
大岩 さんまちゃんと仕事をしていると、どうしてもトークの方が
比率が高いでしょう。勿論それはそれで楽しいし面 白い。
本当はもっともっと、さんまちゃんのコントが見たいんだけどね。
でもね、さんまちゃんも今は視聴者に コントは受け入れにくい、
と思ってるんだと思う。
視聴率的に見れば本当にそのとおりだし。
けれど、僕は【野生の王国】を見た時に
「それは間違ってるかも?」と、思ったんだよねぇ。
テレビにおけるコントっていうのは、まだまだあり得るんだなって。
僕はあれを見て改めて「コントをつくらなきゃ」って思った。
高須 それは嬉しいっ!
そんな風に言ってもらえるなんて思ってもみませんでしたよ〜。
うわぁ、ありがたいなぁ。
数字的(視聴率)にはあまり良くなかったんですけど、
オンエアした日、業界各所から何十件も僕んちに
メール届いたんです。
「やっぱりごっつは面白いよなぁ」とか 「やられたよ!」とか…。
だから分かる人達にはちゃんと伝わってるんだろうなって
思ってはいたんですけど、大岩さんにそう言ってもらえると嬉しいですねぇ。
大岩 よく、TV業界でも「今、コントの時代じゃない」なんて言って、
コントそのものがもうダメだ、絶対受け入れない、みたいに
言っているけど、そんなことないんだよ。
コントの内容に時流はあるけど、視聴者がコントを見ないなんて事はない。
おもしろくないコントをつくって出してる人間がダメなんだよ。
確かにコントを作るのはしんどい作業だけどね。
面白いコントは人を惹きつけるチカラも持ってる。
簡単な事だ。面白ければ見る。つまらなければ見ない。
ただ、おもしろいコント作りを僕らがさぼってしまった結果 が、
今だろう、と。
高須 そうですねぇ。ホントにそう思いますねぇ。
だって、僕ら業界に入ったころ、テレビでコント番組が、
まだたくさんありましたもん。
「夢で逢えたら」とか「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」
「オレたちひょうきん族」とか、
今じゃそういうの、ほとんどなくなりましたからね。
それって本当にコントのクオリティーだけが問題なんですかね?
大岩 物理的条件でコント番組が作りにくいという理由はあるかも。
セットの美術費やら収録時間がかかって大変だし、制作費もかかる。
トークみたいに、一度セットを作ってしまったらってわけにいかないし。
作家は10分のコント作るのに1日かかるときもあるし、
その割にギャラと比例しない作業ってこともある。
でも、物理的理由でコント番組が出来ない事と、
「今、コントは時流じゃない」って事とは意味合いが違うよね?
コント番組が出来ない理由は、 物理的にもスタッフや演者、
作家の能力的にも 「すべてがつらい!」からだね。
実際、笑いを取るにはトークの方が速いし、
いわゆる何かの当てものしたり、スポーツしたり、
ドキュメントタッチの企画ものの方が受ける時代であることは否定できない。
しかも一時間番組で本当に面白いコントを何本できるか?
考えただけで辛いよね?
辛くてもコントが好きなら考えなきゃいけないのにねえ。
でも、コントはやらなきゃ!しんどいけど、楽しい!
高須 あの【野生の王国】の手法は松本が考えたんです。
ある日突然、こんなコントってどうかなって?言い出して。
話を聞いたら面白いんです。
面白いから僕ら作家が、「じゃ〜こんなこともどうかな?」って
それにネタを乗っけていきたくなっちゃう。
いいコントって、ドンドン勝手に話が膨らんでいくんですよね。
大岩 うんうん。
高須 たぶん松本本人はコントやりたくてしょうがないんですよ。
だから、会議そのものもすごく楽しそうなんですね。
で、それに引っ張られるようにして、
スタッフみんなもすごく楽しい雰囲気になってるんですよ。
時間は長くなってしまうんだけど、 とにかくたくさんのネタが出るんです。
でも、そんなにたくさん出ても、全部はやれないわけです。
ちゃんと詰めようぜ、決めようぜっていうくらい、
いっぱいネタが出るんですよね。
大岩 いやほんとに、いい現場だねぇ(笑)。
ビル掃除のふりして忍んでやろうかしら(笑)。
高須 大岩さんもご存じのとおり、あの【野生の王国】ってコントは、
今ある映像素材を使ってコントにする手法なんですけど、
動物や虫の素材のVTR用意してみたら、面白いんです。
権利関係がクリアできるものを幾つか探して持ってきて見始めたら、
すぐにポンポンポンって台本書き始めて、出来上がるまではあっという間でした。
時間さえあれば、あの手法でもっと他のVTR使って
やっていけるよね、って話になったんですけど、
今回はまぁ、時間に限りもあるからこれぐらいにしとこ、って。
大岩 いやあ、それはまた見たいなぁ。 コントはいいよお!
あれ、本当におもしろかったんだよなぁ〜(しみじみ)。
同業者だからさ、他人のつくったコントを 真正面から見て笑うって、
なかなか無いんだよ。 面白いとシャクだしね。
でもね、あれはもうさすがにねぇ、笑った。
笑いの質も人それぞれ好みがあるけどね。【野生の王国】は好き!
家で見てたんだけど、嬉しくて嬉しくてね。
一家で大笑いしてるんだよね。
娘は、自分がおもしろいってリアクションをすると、
自分のそのリアクションを確かめるみたいにして、
振り返って俺の顔を見るんだよね。
「パパはどういうリアクションだろう?」ってなもんでさ。
だから、案外それをふまえて意地悪く見ちゃったり
するんだけど、あれだけはもう、そんなこと思ってなかったもん。
笑うしかなかったもの(笑)。
で、そんなにおもしろいものがテレビでオンエアされてることが
嬉しいんだよねぇ。
今後、自分にそんな番組がやれるかどうかは分からないけどさ、
僕は真剣に堂々と正面切った「コント番組」をやりたい。
だから「コントを準備しておこう」と思ったの。
陽の目はみないかもしれないけどね。
それでも、あの日から毎日一個、ボケないようにコント考えて
書くようにしてるんだよ、内緒で。
って、もう今、バラしちゃったけどさ。
高須 うわ、すごいですねぇ!
でもなんか、芸人さんがテレビだけじゃなくて、
板の上に立ってライブやるみたいに、 作家もコント書かなきゃダメですね。
いや、大岩さんはそれをやってるんだから、本当に凄いですよ。
大岩 全然凄くない!
長いこと書いてなかったからさ、やっぱり考え方忘れてるんだよ。
思い付きが悪い。頭の回転も遅い。
だからこそ、毎日書かなくちゃって思ってる。
書いていけば、感覚は思い出せる部分もあるからね。
自分にノルマを課して、やってるんだよ。これは趣味だね。
今のテレビの環境の中にあって、今つくってるコントを
実現するっていうのはとても難しい事だと思う。
だけど、つくっていたいんだ。どうしても。
松ちゃんに会ったら、是非伝えておいてほしい。
大岩が、嬉しがってたって。
面白いコントを作って僕に嫉妬させてと!
高須 それはもう、絶対伝えますよ!
あいつもきっと喜びますよ!
  御影湯 大岩賞介の湯 おしまい
「大岩さん、お忙しい中、たくさんのお話をありがとうございました!!」
 
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved