TOPページ御影湯 > 小山薫堂
 十二回目ゲスト 小山薫堂さん(KUNDO KOYAMA)
名前 小山薫堂 さん
1964年熊本県生まれ。
日本大学芸術学部在学中より放送作家として活躍。
「カノッサの屈辱」「進め!電波少年」などで注目を浴び、1993年には第10回テレビジョンATP賞特別 賞受賞。
以後「料理の鉄人」ほか、深夜を中心に個性的な番組を数多く手掛ける。
2003年には「トリセツ」(テレビ朝日)が国際エミー賞を受賞。
現在のレギュラー番組は「東京ワンダーホテル」、(日本テレビ)「世界遺産」(TBS)、「ニューデザインパラダイス」(フジテレビ)、「トリセツ2」(テレビ朝日)。
一方、雑誌「BRIO」「dancyu」「東京カレンダー」「NAVI」や小説などの連載も抱え、J-wave、FM横浜では、ラジオ番組を企画・プロデュース、自らパーソナリティーも務める。
オフィシャルHP http://www.n35.co.jp/
高須 俺から見た薫ちゃんって、ずっと歩いてる感じなんよねぇ。
走って、必死こいて、汗なんかは絶対かきません!って
感じで仕事してるように見える。
だけど、絶対そうじゃないよね?
僕らの知らないところで、走ったりとか、
早歩きとかして、頑張ってきてるわけでしょ?
小山 そりゃやっぱり、ねぇ(苦笑)。
原稿書くときとか、絶対キツイし。
ぼーっとしてては書けないでしょ?高須さんだって。
高須 そりゃねぇ、キツイよねぇ。
だけど、そうじゃないとあかんやろうし。
それがそうは見えない、 小山薫堂のそのスマート感に、
憧れを抱く人達の何と多いことか!(笑)
小山薫堂になりたいってことで、 放送作家を目指してる若い子達も、
いっぱい居てるんちゃう?
小山 そんなこともないでしょう〜。
高須 例えば今の若い人たちへ、
作家になりたい人に言えることって、何かある?
小山 若い人達へ…ですか。 なんでしょう。。。
作家に必要なことって、いろいろあると思うんですけど、
一流になるためには「こだわり」が必要だと思います。
高須 うん、なるほど。
小山 だけど、そこそこ売れるためには
「バランス」こそが必要だと思う。
高須 そこって使い分けが、
すっごく難しいポイントだったりしない?
小山 そうかもしれません。
自分がそれをどこまでやれてるかって言われれば、
自信も無いですし。。。
だけど、その使い分け云々以上に
本当に本当にテレビが好きな人は
「台本も自分で書けるディレクター」を
目指すべきだと思います。
高須 それは放送作家を目指すべきではなく、てこと?
小山 だって、最後に番組作るのって、
やっぱりディレクターじゃないですか。
高須 ……哀しいかな、結局そうなるんよなぁ〜。
小山 テレビが好きで好きでどうしようもない、って
いうんだったら、やっぱりディレクターだと思いますよ。
それで台本が書ければ言うこと無し。
全部出来るから、こだわり持って、番組作れちゃうでしょ?
高須 放送作家のこだわりは、どこまでいっても
放送作家のこだわりでしか無かったりもするからね。
「俺の作ったテレビだーーっ!」とは、
どうしたって言いにくいよね。
小山 テレビが好きで放送作家になりたいって言ってる人は、
いや、それ、ディレクターになりたいんだと思うよ、と
言いたかったりしますけどね。
 
高須 あとさぁ…あんまり作家のこととは関係ないねんけどもー。
美味しいお店って、今、どこかなぁ?
小山 美味しいお店、ですか。
高須 かなり訊かれるでしょう?
小山 訊かれますね。
高須 俺にも教えて(笑)。
小山 どういう目的で行く、美味しい店、ですか?
一人でふらっと行ける、とか、
女の子を連れて行く、とか…。
パターンによって違うと思うんですけど。
高須 じゃあ、女の子と二人で行くのに素敵な店!
小山 だったら、やっぱり 銀座の「ロオジエ」じゃないかなぁ。
高須 あっ、名前は聞いたことあるけど、そこっておいしいの?
小山 おいしいのはもちろんなんですけど、
サービスが素晴らしい。
すごく価格が高い店で、日本のフランス料理ではトップクラス。
予約もなかなか取れないし、
一ヶ月とか平気で待たなくちゃダメだけど、
その分の価値があると思います。
予約を入れてなくて、突然行った時にでも、
もし席が空いてればスムーズに入れてくれますしね。
高須 へぇ。 偉ぶってないんや。
小山 そうなんですよ、お客さんにすごくやさしいんです。
僕がこないだ行った時は、隣に宮崎から来たおばさんが
一人で来てたんですよ。
高須 えっ、誰かと一緒に食事っていうんじゃなくて?
小山 食べ歩きが好きで、どうしても来たくって
わざわざ食べに来たっていう。
だけど、そのおばさんにも本当にやさしく
接してくれるんですね、サービスの方が。
その徹底っぷりを見るだけでもうれしくなるくらい。
全然鼻高々でもないし、心地が良くなる。
高須 うわぁ、俺も行こう!
小山 オススメですよ〜。
心地よい食事と時間を味わう、って意味では
最高の部類に入るレストランだと思います。
高須 いや、そういうタイトルって大事やわ。絶対大事。
タイトルで、企画や番組の内容が、すうっと理解できるっていうのは
すごく必要で大切なことやって。
小山 でも、それは放送作家の領域じゃないんじゃないかと、
やってる自分と しては思っちゃったりするんですけど。。。
 
高須 あー、まだ訊きたいことたくさんあったのに、
時間無くなってきた〜っ。
俺、この後会議やねん。
美味しい店のこととか、またメールで訊いてもいい?
小山 どうぞどうぞ。
高須 またなんか、ゆっくり話しよう。
おもしろいこと一緒にやってみたいし。
小山 そうですね。是非、また。
高須 じゃあ、今日のところはこんな感じで。
ありがとう。
小山 こちらこそ、ありがとうございました。
  御影湯 小山薫堂の湯 おしまい
「小山さん、お忙しい中、たくさんのお話をありがとうございました!!」
 
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved