TOPページ御影湯 > 小山薫堂
 十二回目ゲスト 小山薫堂さん(KUNDO KOYAMA)
名前 小山薫堂 さん
1964年熊本県生まれ。
日本大学芸術学部在学中より放送作家として活躍。
「カノッサの屈辱」「進め!電波少年」などで注目を浴び、1993年には第10回テレビジョンATP賞特別 賞受賞。
以後「料理の鉄人」ほか、深夜を中心に個性的な番組を数多く手掛ける。
2003年には「トリセツ」(テレビ朝日)が国際エミー賞を受賞。
現在のレギュラー番組は「東京ワンダーホテル」、(日本テレビ)「世界遺産」(TBS)、「ニューデザインパラダイス」(フジテレビ)、「トリセツ2」(テレビ朝日)。
一方、雑誌「BRIO」「dancyu」「東京カレンダー」「NAVI」や小説などの連載も抱え、J-wave、FM横浜では、ラジオ番組を企画・プロデュース、自らパーソナリティーも務める。
オフィシャルHP http://www.n35.co.jp/
高須 俺、薫ちゃんと一緒に番組やった事って 一回しかないよね。
小山 チロリンさん(現・毎日放送プロデューサー)の番組でしたっけ。
結構前の話ですよね。
高須 でも、そんだけしか無いんよなぁ。
作る番組のタイプというか、毛色がお互い違うから、
当然っちゃあ当然なんやけど。
そん時に、少し話したぐらいだよね。
後はもう、廊下ですれ違うぐらい(笑)。
小山 「どうも〜」ってお互い、頭下げるぐらいで。
 
高須 だけど、そんなにテレビってやってへんでしょう、 薫ちゃんは。
小山 そうですねぇ。あんまりつくってない、かなぁ。
高須 なんでやれへんの?話はいっぱい来るでしょ?
小山 無いこと無いんですけどね。
高須 もう、おもろくない?テレビはという媒体は。
小山 いや…うーん…おもしろくないって言ったら 違うんだけど…。
何て言うんだろう…あんまり自分に合ってない、
と思ったりするんです。(苦笑)
高須 でも、それ分かる気がする。
こないだ、アメリカ行く機会があって
機内で読むものいろいろ買っておこう、と思って、
『BRIO』っていう雑誌を買って読んだんよ。
したら、『小山薫堂の夏休み』とかって特集記事が
載っててさぁ…。
小山 あぁ、やった、やりました。
高須 「どんな放送作家やねん!」と思ったよ〜。
作家の中野くんが、その後、俺に言ったもん。
「高須さん、見ましたか?
 雑誌のBRIOに薫堂さん、載ってるんですよ。
 どうしてこんな事が出来るんでしょう!?」
って、一人でごっつい首を傾げてんねん(笑)。
小山 そんなこと言われてもっ(笑)。
高須 いや、他にもいろんな作家から、薫ちゃんのこと 聞いてるもん。
そいで、大概が
「はぁ…かっこよすぎるよなぁ、薫堂さんは…」って
溜息混じりで言うてんねんもん。
あれはかーなーりー、小山薫堂のポジションに
憧れてるってことなんちゃうかなぁ。
小山 そんなことないでしょう!(笑)
高須 「いいなぁ…薫堂さんのこのスタイル…。
 あっち側って、いいなぁ…」ってさぁ(笑)。
小山 その「あっち側」って言うのが変だもの(笑)。
高須 誰しもが放送作家っていう職業そのものに対して、
結構不安持ってるんやと思うわ。
それでどうしても、他の表現をしっかりできてるって面 で
薫ちゃんに倣いたい部分があるんやと思うよ?
小山 いやいや、何もできてないですって。(苦笑)
 
高須 薫ちゃんは元々、どういう流れで放送作家になったの?
小山 大学時代に「文化放送」でアルバイトしてたんです。
高須 あ、もう学生時代からそういう現場に居ったんや。
小山 俺、大学、関西に行きたかったんです。
京都の土地に憧れていて、日大芸術学部と同志社大学に
受かったんですけど、受験の時に「日芸」の
女の子の方がかわいかった。
高須 あらら。
小山 それでもう「やっぱり東京の方がいいぜ〜」って
盛り上がっちゃって、それで東京の大学に 来ちゃったんです。
そこでたまたま文化放送のアルバイト募集の話が
先輩からあって、受け継ぐ形で雑用係のバイトを始めたのが、
この世界に触れた最初のきっかけかなぁ。
高須 どんなことをするバイトやったの?
小山 番組の編集作業に立ち会ったり、番組にかかってくる電話を受けたり。
あとは出前頼んだり、コピー取ったり。
その時にコピー取ったりした台本を書いていたのが、
宮沢章夫さんとか、後は亡くなった加藤芳一さんとかで。
高須 錚々たるメンバーやん!すごい!
そういう人達と大学時代から付き合いがあったって、
すごいことやね。
小山 その後、作家の長谷川勝士さんと仲良くなって、
当時長谷川さんは『11PM』をやってたから、
「君、やってみない?」ってことで関わった、ていうのが
作家としてのはじまり、ですかね。
高須 元々、テレビってものには興味があったの?
小山 最初は、コピーライターになりたかったんですよ。
高須 うっはぁ〜らしいなぁ〜、もしかして糸井さんとかに憧れた人?
小山 たしかに糸井重里…仲畑貴志…。
そういう人達になりたかった…かなぁ。
『萬流コピー塾』に投稿したこととかありました。
一回しか採用されなかったですけど(笑)。
何だったかなぁ…テーマはスコップだったと思うんだけど。
『掘るな。埋めろ。』とかっていうんだったかなぁ。
高須 でも、採用されたん、一回だけやったんや(笑)。
小山 全然ダメだった(笑)。
 
高須 話を戻すと、『11PM』に入った最初の頃って
どんなことしてたの?
小山 最初はもう、台本の書き方も分かりませんから
見て、覚えましたね。
高須 あ、やっぱり誰でも最初はそんな感じでしょう。
台本の書き方なんて、教えてくれる人いないもんね。
弟子で誰かに師事してた、てことでもなかったんでしょ?
小山 そうですね、師匠っていう師匠は居ませんでした。
文化放送アルバイト時代も、台本のコピー取ったりする時に
「ふーん」って感じで読んだりしてましたから、
それで少しアドバンテージあったような無かったような、ぐらい。
高須 で、見てたら、これなら俺にも書けるぜ、とか思った?(笑)
小山 あ、それ、ちょっとあった(笑)。
じゃないと、こっちの世界へ飛び込んでないでしょうね。
高須 あるよね、そういう生意気な感じって。
で、台本の書き方を覚えながら、
いったいどんな新人作家さんやったん?(笑)
小山 俺、当時バイトで稼いだ金でしょっちゅう遊び回ってたから、
少し「小山は流行に詳しいヤツ」みたいになってたんですよ。
だから、『11PM』の中での最初の立ち位置は
「君、大学生の立場で意見してよ」みたいな感じ。
高須 うーっ、あるよねぇ、そういうのって!(笑)
言われる言われる、学生作家は絶対言われるもん。
…だけど、薫ちゃんって、意外とそこのところを
維持したまま、ここまで来てるでしょう?
小山 って言うと?
高須 今でも、流行りもんのことが情報として欲しい時、
しかも流行の中でも、こう、上質のものを、とかって時には、
あ、薫ちゃんに訊こう、とかって俺、思うもの。
明らかにちょっと、
純粋な放送作家とは別の位置に立ってると思うねんなぁ。
マーケティングを理解している人間というか、
世の中の流れを見ることができる人、て感じやもん。
その能力を使う場所として、たまたまテレビっていう 感じかなぁって。
だって、テレビ以外のこと、すごくたくさんできてるやんか。
雑誌といい、ラジオパーソナリティーといい…。
それでも、自分の肩書きは「放送作家」でいいの?
小山 そうですね。一応…(苦笑)。
あ、だけど近々、ちょっとおもしろいこと始めるつもり。
それをやりだすと、また肩書き違ってくるかもしれませんけど…。
高須 うん?どんなんやるの?
小山 「どうすれば、僕たちの暮らしはより快適になるのか?」
をテーマにしたライフスタイルラボ、なんですけど…。
高須 ラボ!? 研究すんの!?
小山 いや、まぁ…(笑)。
高須 すげぇなぁ。
ライフスタイルコンサルタント、みたいなことかぁ。
小山 そんな感じで長ったらしく言い出すと、
放送作家よりもアヤシイ感じしますから、
ちょっと考えるところかな、肩書きって。
高須 せやなぁ…まぁ、放送作家ってのも、
だいぶアヤシイんだろうけどね。(笑)
 
高須 そうそう、子供の頃は、テレビっ子だったりした?
小山 んー、そんなにばりばり見てたって程でも無かったかなー。
高須 一番好きだった番組って?
小山 うーん…。
やっぱりドリフ、かも。
高須 あー、どうしてもそこはあるよなぁ、この世代には(笑)。
小山 半端じゃなかったですからね、当時は、勢いが。
みんな見てましたし。
だけど、その笑いが今の自分自身に影響しているとは思わない。
高須 じゃあ、影響を及ぼしてるような何かって、 具体的にあるの?
小山 影響、ですか…。んー。
…あ、倉本聡ドラマの「間」とかって、あると思います。
高須 高須 はいはいはい…。
薫ちゃんの番組見てると、それもちょっと分かる気がするなぁ。
小山 あとはNHKの『未来への伝言』の
ナレーションタッチ、かな。
空気って言うか、流れって言うか…。
そういうので「いいな」と思ったものは、
なんか意識してたりする。
高須 なるほどなぁ。
  <<補足>>
その後、糸井重里さんの『萬流コピー塾』の本を探してみたところ、
ありましたありました。
「シャベル」の回に、小山さんのお名前が。

『今週の佳作』
211p ページ右下
小山薫堂
『掘るためだけのシャベルじゃない。 埋めることだって……』
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved