TOPページ御影湯 > かわら長介
 十回目ゲスト かわら長介さん(CHOSUKE KAWARA)
名前 かわら長介 さん
1949年11月13日、岐阜県生まれ。
本名 : 長川原 繁 (ながかわはら しげる)
義務教育と、高校生活を出身地である、岐阜県益田郡萩原町で終え、18歳でサラリーマンとなる。 その二年半後、1970年、万国博で賑わう大阪を後にし、自宅にて大学を目指す浪人生となる。
翌年春、21歳。半年の浪人生活を経て、岐阜大学教育学部国語学科に合格。 大学では、「体操部」 「軽音楽部」 「落語研究会」 に席を置き、他方、「三里塚」「沖縄返還」「中教審問題」などの社会的課題に目をやりつつ、キャンパスライフを謳歌。
而して、5年後の1976年3月、大学在学のまま結婚、同時にお笑い作家を夢見て再び上阪。東大阪に仮住まいする。 来阪後、すぐに雑誌 『上方芸能 』の編集員となるとともに、大学時代の知人の世話により、人生幸朗師、青芝フック師の支援、薫胸を得て、多くの漫才師の台本を書くこととなる。現在までに書いた台本は、漫才500本、コント1000本を数える。
やがて、1980年日本中を席巻した漫才ブームが起こり、以降、テレビなどの構成の仕事が中心となり、今日に至り、お笑い作家生活30年目を迎える。(2005年現在)
やって良かった番組「突然ガバチョ」「夜はクネクネ「TV広辞苑」「4時ですよ〜だ」「ダウンタウンの…!?」「スピルバーガー「ごっつええ感じ」
ちゃんとした初仕事
高須 で、一緒にやったのは『ダウンタウンの…!?』でしたよね。
かわら あの番組はおもしろかったなぁ…。
高須 いや、ほんまおもしろかったですよね。
作家がやりたい企画をダウンタウンにやらしてましたからね。
あの番組から松本が吸収していった事って多かったと思いますもん。
「写真で一言」もあの番組からですし、
「ごっつ」へ流れていった 企画も多かったじゃないですか。
長さんの考えた「ヘッドボウリング」なんて、いきなり東京で
企画出しても、絶対受け入れられへんかったと思いますもん。(笑)
大阪での実績があったから「ごっつ」でもやれたと思いますよ。
かわら おもろかったよねぇ。
高須 …でも、裏の番組に数字負けて、終わっていったんですよね。
かわら あれは哀しかったなぁ。
高須 大阪の笑いの土壌ってものを疑うきっかけでしたよね、アレは。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved