TOPページ御影湯 > かわら長介
 十回目ゲスト かわら長介さん(CHOSUKE KAWARA)
名前 かわら長介 さん
1949年11月13日、岐阜県生まれ。
本名 : 長川原 繁 (ながかわはら しげる)
義務教育と、高校生活を出身地である、岐阜県益田郡萩原町で終え、18歳でサラリーマンとなる。 その二年半後、1970年、万国博で賑わう大阪を後にし、自宅にて大学を目指す浪人生となる。
翌年春、21歳。半年の浪人生活を経て、岐阜大学教育学部国語学科に合格。 大学では、「体操部」 「軽音楽部」 「落語研究会」 に席を置き、他方、「三里塚」「沖縄返還」「中教審問題」などの社会的課題に目をやりつつ、キャンパスライフを謳歌。
而して、5年後の1976年3月、大学在学のまま結婚、同時にお笑い作家を夢見て再び上阪。東大阪に仮住まいする。 来阪後、すぐに雑誌 『上方芸能 』の編集員となるとともに、大学時代の知人の世話により、人生幸朗師、青芝フック師の支援、薫胸を得て、多くの漫才師の台本を書くこととなる。現在までに書いた台本は、漫才500本、コント1000本を数える。
やがて、1980年日本中を席巻した漫才ブームが起こり、以降、テレビなどの構成の仕事が中心となり、今日に至り、お笑い作家生活30年目を迎える。(2005年現在)
やって良かった番組「突然ガバチョ」「夜はクネクネ「TV広辞苑」「4時ですよ〜だ」「ダウンタウンの…!?」「スピルバーガー「ごっつええ感じ」
「夜クネ」「突ガバ」俺の名前
高須 そんな知らず知らずの出会いもありながら、
長さんはどんどん テレビの世界で活躍してて…。
一番最初の当たり番組って何だったでしょう?
やっぱり『夜はクネクネ』ですか?
かわら そうやなぁ、そうなるかなぁ。
高須 俺は初めて見た時、ビックリしましたもん。
こんなに特殊なことも何もなく、トークと音楽だけで
番組って成立するのかぁ、おもしろくなれるのかぁって。
かわら 形式が画期的やったからねー。
高須 あれはどうやって生まれたんですか。
やっぱりお金がない、スタジオも借りられない、みたいな
必然の中から、ていうパターンですか?
かわら 「角さん(MBSアナウンサー)と伸郎さん(あのねのねの原田伸郎)」
という出演者が決まってて、じゃあこの二人なんだから、
トークのおもしろさは間違いないやろー、せやったら
もう歩かせてしまうかあ、みたいな…。
高須 そしてタイトルも良かったんですよ。『夜はクネクネ』て、
響きといい、新聞に載った時の惹きつけ具合といい…。
かわら あのタイトル、僕やねん。
高須 おおっ。
…今日はちょっと、かっこいいポイントが
バンバン見えてきてますやん(笑)。
かわら そう?(笑)
高須 いや、でも、あのストレートでありながら、
内容を見事に言い得てるタイトルはホンマ見事でしたって。
かわら 僕もあの番組でもって、テレビ作りのハウツーを覚えた気がするなぁ。
そして何より、人間って言うのがおもしろい、と思えた。
絶対に出会う人達の全てが「なにか」を持ってる、と思えたし、
信じられたし、その人間でもって何かしら番組が作れるんだ、と思えたなぁ。
高須 大阪だからこそ、てのもありましたよね。
そして、ちょっとタイミングずれて『突撃!!ガバチョ』が来るわけですよ。
あれもホンマにすごかったですもんね。
かわら でも、俺はあの番組では、そんなテロップとかに名前載ったり
せぇへんかったなぁ。
高須 でも、俺は笑瓶ショータイムのコーナーとか、
すっごい好きでしたよ。
なんやったら鶴瓶さんのコーナーより、そっちにはまってましたよ。
かわら あ、そう? 嬉しいなぁ、あのコーナー俺がやらしてもらっててん。
でも、その当時のことを思えば、今のテレビは簡単にテロップに名前が
載りすぎやなぁ、とは思うけどね。
高須 あー、それはありますね。
かわら メインの作家でなくても、ブレーンレベルで名前が載ったりするやん?
あの当時では絶対考えられへんかったことやもん。
一回、突ガバでメインの作家さんだった寺崎要さんが病気で
どうしても台本を書かれへん、て時があって、その時に代理で
僕が台本を任されてん。
で、ひょっとしたらと思ったのよ。
「今回は、今回だけは構成って事で名前が載ってもおかしくないぞ」と
思いながら必死で頑張ったけど、やっぱりいつも通 りのテロップで
僕の名前は載らへんかった…ショックやった〜。
高須 いや、そうであるべきなんですよ、本来は。僕もそうでしたもん。
僕は自分の名前が初めて全国区の番組のテロップに出たのって、
『クイズ仕事人』って番組やったんですね。
当時、既に『夢で逢えたら』『ガキ』とかやってて、テロップに
名前は載ってたんですけど、それはローカルでしたから、
例えば僕のおばあちゃんの住んでる
名古屋方面では見られへんかったわけです。
そしたら「仕事人」見たおばあちゃんがね、その僕の名前が
テロップで流れてる瞬間のブラウン管をわざわざ写 真に収めて、
それを手紙に同封して「頑張ってますね、見ましたよ」って
メッセージをくれたわけですよ。
「遂に私の孫もこんなところで名前が載るようになって…」ていう
ものすごい感動がそこには詰まってるわけじゃないですか。
やっぱり、テロップに名前が載るって言うのは、それぐらい
すごいことなんだと思うんですよね。
かわら 載らないからこそ、載るまで頑張るぞ!! とも思えたりするしね。
高須 そうなんです。そこが向上心じゃないですか。
今はそこが甘くなってて、なんちゅうか、うちのおばあちゃんの
感動みたいな事が、こう…安っぽくなってるっていうか、
そんな気がしますよね。
かわら …まぁ、そんな高須のおばあちゃんもね…今や…。
高須 や、あの、生きてまっせ?(笑)
かわら あらっ!?(笑)
高須 勝手に殺さんといてもらえます?(笑)
かわら せっかく感動的に感動的にしようかなぁ、と思ったのに…。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved