TOPページ御影湯 > 倉本美津留
 九回目ゲスト 倉本美津留さん(MITSURU KURAMOTO)
名前 倉本美津留 さん
1959年生まれ。放送作家・シンガーソングライター。
ビートルズの影響を強く受けていた倉本は、 82年ミュージシャンになる足がかりにと 制作会社のADとなるがすぐに構成作家に転身。 以来、「すとらびん式」「EXテレビ大阪」「BLT」 「TV広辞苑」「現代用語の基礎体力」「ムイミダス」 「未確認飛行ぶっとい」「ラジウム音線」など、 現在もカルトとして語り継がれる番組を次々生み出す。 そののち、その才を全国ネットに問うべく東京に進出。 「HEY!HEY!HEY!MUSICCHAMP」「ダウンタウンDX」 「松本紳助」などダウンタウン出演番組の多くや 「たけしの万物創世紀」「嗚呼!バラ色の珍生」 「伊東家の食卓」「笑う犬の冒険」 「平成日本のよふけ」などの番組を構成。 また、「松本人志の一人ごっつ」では松本の師匠の大仏の声として 出演していたり、「ダウンタウンDX」の“名前を呼んで”の コーナーで、あらゆる無機物の声を担当していたり、 現在ではトスポくんの中身を演じたりしている。
またサイケデリックバンド「リビドー」を率いて、 坂本龍一作曲の『オフィーリア』で日本クラウンからデビュ一。 彼らが坂本龍一に会うためにニューヨークヘ渡るドキュメントが 「NONFIX」(フジテレビ)で放送された。 タイトルは「世界の坂本龍一を呼びつけた男」。 その後ソロとして『しやわせ』(「一人ごっつ」エンディングテーマ) をキューンレコードからリリース。 また、著書として朝日出版から 楽しい辞書『どらごん〜道楽言〜』がある。
オフィシャルHP http://www.ninpop.com/
「世界平和」を乱してはいないか?
倉本 いろいろあるけど、二十一世紀からは言いたいことは正直に、
恥ずかしがらずに言ってもいいんじゃないかと思ってね。(笑)
俺はとにかく「世界平和」を目指すよ。
高須 あらっ…すごいこと言い出しましたね、倉本さん。
倉本 やっぱりなんだかんだ言って、戦争無くなってないからなぁ。
戦争に関してそれほど知識があるわけじゃないけど、
たくさん人は死んでるし、それは痛くて苦しいし、いいことではない。
高須 でかっ!そして志がなおも高っ!
びっくりした〜…だって僕、そんなこと一個も考えてませんでしたもん。(笑)
倉本 ほんま?(笑)
高須 だって、世界平和って、それは僕に出来ることでじゃなくて、
ウルトラセブンにまかすしかないと思うぐらい現実離れしたことでしたから…。
平和で当たり前というか…完全な平和ボケですねぇ、僕は。
倉本 歌でなぁ…そういう心の部分を伝えていけたらなぁ、と 思うわ。
歌って、そういう意味では伝わりやすい部分も 持ってる道具やと思うしさ…。
だから、高須、ちゃんと考えてくれよ、お前も、世界平和を(笑)。
高須 どうしましょう…なんか、凄い話になってきましたね。
倉本 お前の創って産み出してるモノ…
お前の「やりたいことやってる」って いうその感覚は、
世界平和を乱したりはしてないか?大丈夫か?
世界を誤った感覚へ突き動かしたりしてんのんとちゃうか?
高須 してるように見えてます!?
倉本 いや、見える見えないって事じゃなく、意識の問題やんか、そこは。
意識として「自分の創ったものの責任」っていうか、
影響を遠い未来にまで思っていく、思いやっていくって事が大事やで。
その場その場では何の影響もなくても、ずっと先の未来で
何かを傷つけてしまうようなクリエイトは、絶対あかんからさ。
高須 あー…どうなんでしょう…考えたこともなかったですよ。
クリエイターとして、面白いか、面白くないかの軸しかないですもん。
だから自分が面白いと思うことだけ考えて創ってますね、今も。
倉本 世界を平和にしてしまうと個人個人はちょっとずつ不幸になる部分が
でてくるとは思うのよ。でも、それが思いやりっていうことなんやとしたら
それは絶対持っていた方がいい。
そういう良い影響を与えていけるように、いろいろ創っていきたい、かなぁ、俺は。
高須 でも、さすがに延々と続いていく未来のことまで、自分投げ捨てて
考えていくわけにもいかないじゃないですか。
これは未来にとって善なのか悪なのかって、
そればっかり考えすぎるのも 仕方がない部分はあるし、
今もやっぱり、大切じゃないですか。 未来は未来でも、
どこかで「ここまでっ」としておかないと、それはもう
ただただ現在がものすごく不幸でしたってだけで
終わっていっちゃいますからね。
倉本 まぁ…う〜ん、そこは確かにそやねんけどな。
でもやっぱり先々まで考えた発信をしていかなあかんって、
それは絶対に。 テレビやからええわ、じゃなくて、
テレビっていうその場その場で あるからこそ、なおさら、な?
放送作家という仕事に責任持つなら、やで?
高須 いや、やってる限りは、そらぁ責任もありますからね。
担っていきますよ、きっと。
倉本 この話ばっかりでアレやけど、結局松本の創ってるモノには
一番根底に「愛情」が流れてると、俺は思ってんねん。
そりゃ表現手法が笑いであったり、いろいろ真っ直ぐではなかったり
するから勘違いされることも多いやろけど、でもそれでも、
「流されるなよ」とか「もっと考えていけよ」みたいな人々への喚起が
静か〜に流れてたりすると思うからね。
それに気づいてばっかりじゃもちろん笑いから外れていく部分もあるから、
こんなこと言うの、ほんま善し悪しやねんけどさ。
でも、そういうモノヅクリ、していかなあかんねんて、結局。
高須 未来への影響…かぁ。
倉本さんは凄いこと考えてはりますねー。
倉本 なんやねん、突然っ(笑)。
高須 いや、結局そうなんですよ。
「こんな事は僕には出来ない」
そんなことばかりを倉本さんは、結局真っ直ぐやっていってはるんですって。
倉本 まぁなぁ…タイプ真逆やし、それが個性ってもんやからなぁ(笑)。
高須 これからも、こっそり倉本チェックし続けてますから(笑)。
倉本 何じゃい、それは(笑)。
 
  一瞬、話が、すうっと、止まってしまってから…。
倉本さんがふっと言葉を吐く。
倉本 高須…どこで勝負するよ?
高須 まだ…まだ分かんないっすねぇ。
でも、もういいかなって思ってたりもしますよ。
後はもう、自分で自分の点数つけていくだけかなって。
倉本 むー…せやなぁ。
俺はお前に 「ああ…これはホントに高須やなぁ…」って、
「おもしろいなぁ…」って、どかんと大きく感じられるような、
そんなのを創って欲しいと思うよ、あとは。
きっと細かい部分では、いろいろとお前らしさでやってってるとは 思うけど、
いよいよもってそろそろ、そんなんじゃ無いのを、さ。
高須 そうですね。頑張りますよ。ありがとうございます。
倉本 もうそれは、俺が素の感じで「良かったわ〜」って言うぐらいのを!
「これは高須しかでけへんでぇ〜」って。
その言葉を俺は言いたい!
……いや、言いたくはないけども!!(笑)
高須 言わせますよ!(笑)
倉本 言えたらいいなぁ、と思うよ。思うね。
テロップなんか見なくても、パッと見ただけで
「あ、高須だ」と思えるようなものを。
高須 頑張りましょうね、お互いに。
倉本 うむ。
  右に左に揺れる心。
個性は個性であるが故に、どこまでいっても100パーセントで
混ざり合うことはない。
そして、混ざり合わないからこそ、個性として在り続けることが出来る。
どこか、対極にあるような二人の姿を、私はただ
「抜群だ!」
と思いながら、じっと見つめていた。
善し悪しはきっとある。
だけどその善し悪しも全て含めて、
「抜群だ!」

…抜群なのですよ、結局。
東京で見る青空も、ヘルシンキで見る夜空も、北極で見るオーロラも、
ハワイで見るスコールの空も、それが美しいと思ったら「きれいだなぁ」って
言うしかない。
そう、ほんとに、そんな感じ。

だって、最後は、けっきょく人間だったから。
ふたりはとてもよく戦っていた、と思う。
  御影湯 倉本美津留の湯 おしまい
倉本さん、お忙しい中、たくさんのお話をありがとうございました!!
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved