TOPページ御影湯 > 倉本美津留
 九回目ゲスト 倉本美津留さん(MITSURU KURAMOTO)
名前 倉本美津留 さん
1959年生まれ。放送作家・シンガーソングライター。
ビートルズの影響を強く受けていた倉本は、 82年ミュージシャンになる足がかりにと 制作会社のADとなるがすぐに構成作家に転身。 以来、「すとらびん式」「EXテレビ大阪」「BLT」 「TV広辞苑」「現代用語の基礎体力」「ムイミダス」 「未確認飛行ぶっとい」「ラジウム音線」など、 現在もカルトとして語り継がれる番組を次々生み出す。 そののち、その才を全国ネットに問うべく東京に進出。 「HEY!HEY!HEY!MUSICCHAMP」「ダウンタウンDX」 「松本紳助」などダウンタウン出演番組の多くや 「たけしの万物創世紀」「嗚呼!バラ色の珍生」 「伊東家の食卓」「笑う犬の冒険」 「平成日本のよふけ」などの番組を構成。 また、「松本人志の一人ごっつ」では松本の師匠の大仏の声として 出演していたり、「ダウンタウンDX」の“名前を呼んで”の コーナーで、あらゆる無機物の声を担当していたり、 現在ではトスポくんの中身を演じたりしている。
またサイケデリックバンド「リビドー」を率いて、 坂本龍一作曲の『オフィーリア』で日本クラウンからデビュ一。 彼らが坂本龍一に会うためにニューヨークヘ渡るドキュメントが 「NONFIX」(フジテレビ)で放送された。 タイトルは「世界の坂本龍一を呼びつけた男」。 その後ソロとして『しやわせ』(「一人ごっつ」エンディングテーマ) をキューンレコードからリリース。 また、著書として朝日出版から 楽しい辞書『どらごん〜道楽言〜』がある。
オフィシャルHP http://www.ninpop.com/
   高須光聖が逆に質問されて、逆に答える。
 ホストとゲストが逆転した、この「後ろ歩き」的違和感が
気持ちいいのか、悪いのか!?
 
どうして放送作家になったのか
高須 僕はね、映画を撮りたかったんですよ。
倉本 ほな、映画撮り〜な、映画だけ撮ったらええんやん。
そこへ向かって、真っ直ぐに。
高須 いや、だからですね、それはほら、大変じゃないですか。
倉本 何が大変やねんな、何にも大変なことなんかないやろ?
高須 実は若い頃いくつかの映画会社に無謀にも
「映画撮りたいんですけど」って行ったんです。
勿論、全然相手にされなくて、どうしようかなって思ってた時に、
松本から電話がかかってきたんですよ。
その時、今何してんねん?って聞かれたから、現状を話したら
あいつが
「そんなんは遠回りや。そんなんやったら、
 テレビから 番組作っていった方が絶対早いから」って言われて…・。
倉本 ほな、高須はずっとずっと映画がやりたいんやな?
高須 いや、うーん…前哨戦っていうと、
今の作家業が一所懸命じゃないみたいで 気持ち悪くもあるんですが。
子供の頃から家帰ってきたら毎日見てたし、
お笑いも好きでしたったから、テレビも大好きなんですけど、
それでもテレビの仕事っていうものには、
あんまりピンときてなかったというか そんなに興味が無かったんですよね。
テレビが本当に映画に繋がるのかどうかも、
当時は業界の仕組み含めて ほとんど分かりませんでしたから。
断ろうと思えば、全然断れた。
でもね、松本からこの世界に誘われた時、あいつは
「高須が映画を撮るって言うんやったら、俺らが映画の仕事するから」って
言うたんですよ。
倉本 なるほど。お前が映画を撮りたいんやったら、お前を自分たちの
ブレーンにする代わりにダウンタウンで映画の仕事をしよう、と。
そうしたら、高須が映画を撮る早道になるやろ、と。
高須 そうです。だからテレビの仕事、ダウンタウンのブレーン役って言うのが
決して歩く道として悪くないってことを松本は示してくれて、
だから、(作家を)やってくれへんかっていう流れだったんですよ。
倉本 ということは、そんなに放送作家になりたくもなかったのに、
まぁ、でもそんなに嫌いでもないし、将来に繋がるかもしれへんし
ということで引き受けたんやな?
高須 いや、でもテレビというメディアそのものへの嫌悪感は無いですからね。
ホントにテレビ自体は嫌いじゃなかったですから、さっきも言ったように
むしろ好きで見てる時間は多かったですし。
そして、若かったですからテレビと映画って言うものの正確な
カテゴリー分けが出来てなかったってのもあるんですよ。
なんとなく、同しもんのように思えてましたから。
それこそ、ディレクターとか放送作家とかが何の仕事を具体的に
やってんのかも分かってなかったですからね。
で、やってみよっか、と思ったんです。
そしたら、僕はやっていくうちに
「この世界で自分が果たして通用するのかな」と
悩みだしたじゃないですか。
倉本 確かに悩んでたよな。
いろいろ相談にも乗ったもんなぁ、オレも。
なんていうか、俺が高須の毒味をしたっていうのは、あるわな。
高須 (笑)。 確かにね(笑)。
確かに助かった部分、本当に多かったです。
大阪でしばらく作家として働いた後、辞めようかな、と思った時ですよ。
「やりたいこともできない、思っていることも通らない。
 おもんないヤツばっかりで、意味無いぞ」とか思ってて、
もしかしたら、テレビはそういうところで、
僕には向いてないんちゃうかなって思い出して
で、その事を松本に真剣に相談したら
「もう少し頑張れ、お前は絶対いけるから、今の俺らには必要や」って
言ってくれて、考え直したんですよ。
当時、僕は「4時ですよ〜だ」しか知らなかった時期ですから。
倉本 あそこだけが、お前にとっての「テレビの現場」で、
いっさい言うてることが聴いてもらわれへんかったしな、実際。
高須 そうなんです…そうだったんです。
何を言っても否定されて、じゃあ俺って向いてないんじゃないか、
向いてないよな…とホントにもう、そう思わざるを得ないような
状況だったんです。
で、そんなタイミングで「ヤングタウン」の仕事がもう一つ入ってきて、
その現場で倉本さんに会って、話をしたわけじゃないですか。
会ってから話するまで、結構時間がありましたけど、
松本がね「あのおっさん、ちょっとおもろいで」と、言うてたんですよ。
それで、僕はその松本の言うてたことを、何かのきっかけで
倉本さんに伝えたんです。そしたら倉本さんが、
「ほんまにー?それは嬉しいなぁ、ありがとう」って言ってくれて。
倉本 当時は、松本とプライベートな会話なんか一切せぇへんかったからな。
そんな情報を耳に入れること自体が無かったし。
高須 それをきっかけに、少しずつ話をするようになっていったんですよね。
そしたら、一緒に他の仕事もするようになってしばらくしてから、
「お前、ちょっとおもろいやん」って言ってくれたんですよ、僕へ。
それで僕は多分、倉本さんのいろいろな部分を 盗み出したんだと思うんです。
で、そうこうしてたら「EXテレビ」に呼んでくれたんですよ、倉本さんが。
倉本 そうやったなぁ。
あの時、俺が高須をEXに呼ぶって時、
梅田(当時のチーフディレクター)はごっつい渋ってん(笑)。
高須 そうやったんですか?
倉本 そうやで。今まで言うてなかったけど、俺が
「おもろない奴が多い中でも、ちょっとおもろいヤツが居る!」と
お前を推薦してんのに(笑)、梅田は「いや、どうでしょう」って
絶対頷けへんかってんから。それを俺は
「俺がおもしろい言うてんねんから、入れろっ!」と推しに推して
お前を呼んでんから。
高須 うわ、もうそれはありがとうございましたっ。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved