TOPページ御影湯 > 三木聡
 八回目ゲスト 三木聡さん(SATOSHI MIKI)
名前 三木聡 さん
1961年8月9日 横浜市出身。

現在、笑う犬の生活、 TV’S・HIGH、 シネパラ、 北半球で一番くだらない番組…などの番組でコントを書く。
2000年まではシティボーイズライブ・作・演出。
短編映画 「まぬけの殻」脚本・監督。
なかよしなふたり
高須 田代、知ってるかぁ?
----- はい?
高須 三木さんなぁ、こう見えて、実は、 すごく愛されてる人なんや。
----- こう見えてって、そんな(笑)。
三木 そんなことないよぉ(笑)。 俺、愛されてるかなぁ。(首を傾げて、右左)
  今回ゲストの三木聡さんとは、高須氏は実に三年ぶりの再会。
「久しぶりーっ!!」の挨拶から始まって、初っ端からテンションは最高潮!
「今日は遅くまで飲みましょうねー」とお店への階段を上がりながら
高須氏が言うと、三木さんはとても申し訳なさそうな顔で、
「ごめんねー、俺、一時間ぐらいで出なくちゃいけないんだよ〜」
「えええ〜っ」
思わず漏れる、高須氏の不満声。
「ちょっと、一本抱えてる番組がトラブっちゃってさぁ」
「残念やなぁ…」
「ほんと、ごめんねー」
残念そうな顔がお互い様といった感じの二人。
せっかくの一時間に、取材顔してお邪魔してもいいものかどうかと
あたふたしながらも、急いでテープを回す。マイクを据える。
そうして三年ぶりの、盟友同士の濃縮された一時間が幕を開けた。  
 
高須 俺と三木さんはねー、結構仲が良いのよ。
三木 接点がいまいち思い当たらなくて、そこはかなり意外です。
高須 一年ぐらい前に一度局ですれ違ったぐらいで、 3年ほど会ってないかなぁ。
三木 そうだねー、それぐらいになるかなぁ…。
高須 しばらく会ってないうちに三木さんは、大分こう、
人生をあっちへこっちへ変えていったよねぇ(笑)。
三木 そんなこと言われても、俺は普通 にやってただけじゃんか。
高須 何を言ってるんですかー、激動じゃないですかー。
実はね、俺達はお互いの彼女のこととかね、
こう…恋愛の悩みとかを相談しあったりしてたんよ。
----- ええええ!?
高須 あんまり他の人とかには言わないようなことを、
お互いにヒミツをさらけ出すように話してたっていうか。
だから、三木さんは俺の昔のつき合ってた彼女のことを知ってたりするし、
俺も三木さんの恋愛の悩みを聴いたり しててん(笑)。
三木 いや、もうそんな色気のある話じゃなくて、
なんていうか、二人してねぇ、暗かった時代があったのよね(笑)。
高須 そうやねん、二人とも何か、どよ〜んとして時代があってさぁ。
あんまりお互い、そういう事柄を他人に話す感じじゃないのに、
何故かさらけて、話してたっていう。
俺は三木さんになら、三木さんだから話せたね!!(笑)
三木 俺も高須くんには、なんかどうも、いろいろ話してたよね〜。
----- そんな仲だったとは、いやはや。
高須 何や知らんけど、一緒にホタル見に行ったことも あったもんね?(笑)
三木 あったあった!!(笑)
俺と高須くんと、あとチャダ(作家の松井洋介氏)の三人で、
「ホタル見に行こう!!」って突然思い立って、行ったんだよね。
高須 男三人、何やってたんだか…
三木 ほんとだよ〜。
で、俺の車で出かけたんだけど、途中で車が止まったんだよ〜(笑)。
ポンコツのグロリアでさぁ。
高須 運転してる時から、聞いたことない音がしてたもんなぁ〜(笑)。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved