TOPページ御影湯 > 都築浩
 七回目ゲスト 都築浩さん(HIROSHI TSUZUKI)
名前 都築浩 さん
1967年2月3日 大阪に生まれる。
早稲田大学理工学部除籍後、 20歳の時に『天才たけしの元気が出るテレビ!』で 放送作家デビュー。
現在の担当番組 『進ぬ!電波少年』『学校へ行こう!』 『ガチンコ!』『ASAYAN』 『ここがヘンだよ日本人』『つんくちゃん』 『ウリナリ!』『世界まる見え!テレビ特捜部』 『特命リサーチ200X!』『ガキバラ!』 『1億人の大質問!笑ってコラえて!』 『ヤミツキ』等。
高須さんとは『いきなり!黄金伝説。』で御一緒。
『つんくタウン』では鈴木おさむと共に構成 及びなぜか出演も担当。
現在、新潟が生んだ2人の巨人・田中角栄と ジャイアント馬場との知られざる関係を 1冊の本にまとめるべく、週の半分は新潟で取材に奔走。
放送作家になったわけ
高須 都築くんも『元気が出るテレビ』の作家予備校出身なんは
良しとしても、そーたにくんが第一期で、そこからは
どれぐらい後輩にあたるの?
都築 僕は…ちょうどそーたにさんの三年後輩になります。
その第二期で今もやってるのは、僕、おち、村上の三人ですね。
高須 さあ、ここからは恒例の話題になるけども。
何で放送作家になろうと思ったの?
都築 僕は、まず中学二年ぐらいの時が漫才ブーム全盛期で、
どっぷりたけしさんに染まったんですね。
たけしさんって、日本で初めてこう、なんていうか、
「作家性」を感じさせるお笑いだったと思うんです。
プラスで、ラジオを聴けばたけしさんの後ろで堂々と笑ってる
誰かがいて、それが誰かといったら高田文夫さんで、
その人はじゃあ何なんだ、といったらそれが放送作家という職業で。
高須 うんうん。
都築 で、高校に入ってもたけしさんは好きで、「元気」とか
「ひょうきん族」を見続けていて、あ、こういうのを作るのが
放送作家って言う仕事なのかー、なりたいなぁ、と
それで初めて具体的に理解して思ったんでしたね。
それが高校二年生ぐらい…かなぁ。
高須 ずいぶん早くから意識してたんやねー。
都築 高校二年って言ったら、もう自分の進路を決めなくちゃいけない
時期じゃないですか。
その時、僕は自分の進路を二つに絞ったんです。
一つは、東京の私学に受かったら、そこに通って放送作家を目指す、という。
僕は大阪出身なんですけど、放送作家になるにはやっぱり東京だろう、
東京しかないだろうと思ってましたから…。
高須 えっ、ちょ、ちょっと待って!!
都築くん、大阪なん!?
都築 …そうですよ。
高須 …そんなん、もっと早よ言うといてよ〜。大阪なのぉ?
都築 僕、生まれも育ちも大阪ですよ。
高須 全然大阪弁じゃないやんか!!
都築 あ、これはもうだから、たけしさんのラジオを聴き過ぎちゃって、
身についてしまったんですよ、こっちの喋り方が(笑)。
高須 そうなん(笑)。全っ然分からんかったぁぁ。
え、大阪のどこなの?
都築 えーと、枚方(笑)。
高須 うっそぉん(笑)。
都築 思いっきり京阪ですね、ええ。
でも、関西弁は出なくなっちゃってるんですよね。
高須 うわー、全くそんなん思いもせぇへんかったぁ…。
竜ちゃん以来やわ。
都築 竜ちゃんって?
高須 あ、ダチョウの竜ちゃん。神戸やねん。
都築 えっ!! 知らなかった。
高須 神戸らしさの欠片もないから、俺も聴いた時はびっくりしてん。
いや、でも今、それ以上の衝撃やわ。
都築 僕の父親も母親も、バリバリの関西人ですよ。
実家も、もちろん関西ですし。
高須 いやー、嘘やぁぁぁ(笑)。
 
高須 いや、まぁ、ああ驚いたけど。それはそれとして。
とりあえず、進学を二つに絞ったと。
都築 そう、東京の大学に受かったら作家になろう。
で、もう一つは東京以外の国立大学に受かったら、そこに行って、
大学院まで行くのもいいかなぁ、とか思ってたんですね。
僕、意外と勉強も好きだったんですよ。
だから、そういうのもアリだろう、と。
高須 なるほどなるほど。えらい両極端な進路やってんなぁ…。
都築 それで、結局浪人して受かったのは、東京の大学だったんです。
でも、一年浪人して受かった頃には、作家になることをすっかり
忘れてしまっていて、とりあえず大学行って、その大学をだんだん
休んで遊びほうけるのに必死になっちゃって。
もちろん土日の夜に家にいることなんて無いから、
テレビも必然的に見なくなっていっちゃったんですね。
そしたら、たまたま大学二年の頃に久しぶりに「元気」を見たんですよ。
番組自体はもう終わりかけの時間で、「放送作家になりたい人募集」って
出てるのを見て、
「あ、そういえば俺は放送作家になりたかったんだなぁ」と
その時にやっと思い出して、年賀状の余りハガキで応募したんですよ。
なんか、頭悪〜い感じで「放送作家になりたいです」とか
バカみたいに素直に書いちゃって(笑)。
高須 やる気無い感じで(笑)。
で、例のオーディションになってくわけやろ?
おちくんや村上くんにも訊いたけど、その時に出したネタって覚えてる?
都築 いくつか覚えてますよ。
高須 二人とも、言いたくないって言っててんけどね(笑)。
都築 いや、俺も絶対言いませんからねっ(笑)。
高須 それはすっごい破天荒な企画なの?それとも案外ベタなの?
都築 ん〜…どうだったでしょう。
でもね、僕はその一回目のネタを持っていくオーディションの時は、
ネタ考えるのに前日徹夜したんですよ。4つ持って行ったんですけど、
その4つのカラーをいろいろ考えたりして、小狡くやってましたよ(笑)。
二つめぐらいに実際に出来そうなのを入れとこう、とかって。
したら、翌日現場では、その二つめが
「うーん、これはちょっとできそうすぎてダメだよ〜」って
批判の対象になったりして。
一個目に並べたネタは、自分が一番おもしろいと思った、シュールなのを
持ってきてたりしましたね。
高須 えっ、それはどんなんどんなん?
都築 いやいや、だから、それは言えないです!! 絶対言えないっす!!
恥ずかしいですもん!!
高須 そりゃ、発表したくないよねぇ〜、やっぱ(笑)。
都築 で、オーディション通過したら事務所に呼ばれて、伊藤さんに
「君たちは今日からロコモーション所属の「元気」の作家だから」と言われて、
「こっちがお前らの先輩」と紹介されたんですね。
その時、まず目がいった先輩って言うのは、
やっぱりそーたにさん でしたけど(笑)。
高須 あっははは!!(笑)
都築 なんか怪しい人が一人いるなぁ〜、って(笑)。
で、伊藤さんが「後輩になんか一言」って先輩達に促したら、
「大学のサークルみたいに、割とラフにやってもらっていいからねー」とか
そういう言葉をみんながかけてくださる中で、そーたにさんだけが
「そんな甘い世界じゃないっ!!」って一人で怒鳴りだして(笑)。
高須 うわっはははは!! やっぱりすごいわ、そーたにくん!!(笑)
都築 ホントに異彩を放ってるってこの人のことだ、と思いましたね。
怖かったし(笑)。
高須 いやぁ、そーたにくんは普段すっごい普通 なのに、
どっか一つたがが外れると、もう突如として無茶苦茶になるよね。
おっかしいわぁ。(笑)
都築 下手したら捕まっちゃいそうな勢いの一瞬がある人ですよ。すごいです。
高須 しかし、やっぱり東京で気になる作家といえば
「おち・都築・そーたに」って思ってた時期があったなぁ、俺は。
それぐらい、いい意味でキチガイな事を考えられる作家を複数発掘してる
伊藤さんってすごいよなぁ、とも思ってたし。
俺、『完全人体張本』とかキチガイやなぁ、と思ったもん。
都築 ああ、あれは…(苦笑)。
高須 俺、まだ覚えてるもん。
男の子の赤ちゃんが裸で、ずっとにこにこしてるヤツ。
都築 あ、それ高須さんどっかの廊下ですれ違った時にも
声かけてくださったんですよ。
「見た。あれはあかんわ〜」って(笑)。
高須 だってあれはあかんって。
男の子の赤ちゃんがな、ずっとじゃれてはしゃいでんねん。
素っ裸で、かわいいねん。でも、チンチンの皮剥けてんねん(笑)。
----- (爆笑)。それ見たい。
都築 すげーかわいい黒人の赤ちゃんなんだけど、カメラがパーンダウンして
腰から下を映すと、割礼が終わってる(笑)。
でも、綺麗に映していい。赤ちゃんだから。
そして、バックにはマイケル・ジャクソンの曲がかかってるっていう(笑)。
高須 ちょっとねぇ、アレは笑ったなぁ、たまらんかった。
だって上半身は子供で、チンチンだけオッサン顔負けやねんもん。
アレで、よく放送できたよなぁ(笑)
都築 近藤サトさんと美しくじゃれあう赤ちゃんの画。
でも、剥けてる。 0歳児なのに、剥けてる。(笑)
高須 アレはすごかったっけなぁ。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved