TOPページ御影湯 > 都築浩
 七回目ゲスト 都築浩さん(HIROSHI TSUZUKI)
名前 都築浩 さん
1967年2月3日 大阪に生まれる。
早稲田大学理工学部除籍後、 20歳の時に『天才たけしの元気が出るテレビ!』で 放送作家デビュー。
現在の担当番組 『進ぬ!電波少年』『学校へ行こう!』 『ガチンコ!』『ASAYAN』 『ここがヘンだよ日本人』『つんくちゃん』 『ウリナリ!』『世界まる見え!テレビ特捜部』 『特命リサーチ200X!』『ガキバラ!』 『1億人の大質問!笑ってコラえて!』 『ヤミツキ』等。
高須さんとは『いきなり!黄金伝説。』で御一緒。
『つんくタウン』では鈴木おさむと共に構成 及びなぜか出演も担当。
現在、新潟が生んだ2人の巨人・田中角栄と ジャイアント馬場との知られざる関係を 1冊の本にまとめるべく、週の半分は新潟で取材に奔走。
頭脳流出!
高須 この対談はね〜、最初の滑り出しがどうもこっ恥ずかしいんよねぇ。
都築 ホームページ拝見してますけど、
ちゃんと高須さんがリードしていってくれるんですよね?(笑)
こっちの話を、うまく引き出してくれるんですよね?
高須 えええっ!?(苦笑) リードできるかなぁ?
いや、でも貴重な時間をね、この対談のために取ってもらって。
この後はなんか会議とかあるの?
都築 この後は家に戻って、ナレーション書きの仕事があるんです。
高須 あらら。それはまた忙しいのに。
都築 いえ、それは朝までにやっちゃえばいい仕事ですから、 気になさらずに。
高須 じゃ、ちょっとゆっくりとね、行きましょうか。
 
高須 実は、俺にとっては都築くんが、一番出会ってからが長い
「ロコモーション系作家」なんよね。
都築 そうですね。実はそうなんですよね。
ただ会ったというところからなら、一番古いんですよね。
高須さんが『ごっつえぇ感じ』をやってらっしゃった頃に、
ちょうどその年のフジテレビの24時間テレビの深夜枠が
ダウンタウンでやるってことになって、僕は全然関係なかったんですけど
「ごっつ」のディレクターさんから引っ張りだされて、やりましょう、と
連れてこられてたっていう。
高須 そうそう、だから俺はびっくりしたのよ。
「あれ〜、都築くんいてる〜」と思って、
「ダウンタウンの番組 やってもええんやぁ」と思ったんよね、その時。
というのはもう大分、昔の話になるけどTBSで『生生生生ダウンタウン』
っていう番組をやってた時に、スペシャルをやるっていうから、
誰か新しい作家さんを入れよう、とディレクターさんに言われてん。
----- ダウンタウンに、まだ東京系の作家さんがそんなに多く
関わってなかった時代ですね。
高須 そうそう。で、その時に俺は
「都築浩、おちまさと、そーたにの、三人がおもしろいって聞くんです。
 彼らを呼んで、入ってもらいませんか?」 と提案したんよ。
それを受けて、当時の赤木さんっていうプロデューサーが
三人が所属してた事務所ロコモーションへ連絡し、
テリー伊藤さんに 打診したら、
「それは頭脳流出になるから」って、堂々とお断りされてしまって(笑)。
都築 (笑)。
高須 俺はもうビックリしてね。
「うわー、そんなに大変な三人なのかぁ」と。
じゃあ、仕方がないねとなって、
俺は俺でずっとダウンタウンに関わっていくと思ってたから、
「あー、じゃあ俺はロコモーションの作家と仕事をすることは
 無いのかぁ…」と思ってたりしたわけ。
そしたら一、二年してから、そりゃ24時間テレビの一部とは言え、
いきなり「ごっつ」系の特番の会議に都築くんがぽつんと居ったから、
あれれれっ、とびっくりしたんよ。
都築 いや、僕も僕でぽつん、としてるしかなかったんですよ(笑)。
だって、全く知らない現場だったんですから、あの時。
ただ連れてこられて、あれよあれよという間に本番で。
高須 あの特番って何年前?
都築 何年前でしょう…えっと、「ごっつ」レギュラーのコーナーで言うと
「ボディコン母ちゃんコンテスト」が全盛期の頃ですよ。
高須 うわぁ!! 古いなぁ〜っ。(笑)
都築 でも、あの辺りが僕としても解禁って感じでしたよ。
その『生生生生ダウンタウン』の一件がきっかけで、
僕ら三人やロコモーション系の作家は
伊藤さんが関わってる番組しか構成しないらしい、みたいな
情報で浸透してしまってて、TBSとかから声がかからなかったり
した時期がありましたもん。(笑)
高須 なるほどなぁ…。
だから、俺は顔と名前は知ってても、仕事すること無いんだろうなぁ、と
素直に思ってたよ。 その特番の次に会ったのが、K2のイベントやったっけ。
----- K2って…勝俣さんと堀部さんのユニットの、K2ですよね?
高須 そうそう。堀部くんがさぁ、自分たちのイベントへまたどえらいメンバーを
集めたのよ、作家陣に。 ていうか、ただのイベントやで? いや、そら、
ただのイベントって 言い方したらあかんやろけど、
でもコンビ組み立ての二人で、 まだいいとものレギュラーとかも決まる前の
K2って言うたら、 まだまだやんか、ぶっちゃけた話。(笑)
都築 お披露目ライブみたいなのをやるってことだったんですよね。
高須 そうそう。世間的注目も薄っすいうっすいライブやってん、これが(笑)。
都築 (笑)。
高須 堀部くんが僕のとこ来て、
「あのぅ、イベントやるんで作家で入ってもらえませんか?」って 言うから、
「いいよー」と返事して、 「俺は何をしたらいいの?」と尋ねたら、
「いや、高須さんの他にも何人か声をかけてるんで、紹介します」 と言われて、
おお、結構一生懸命にやってんねんなぁ、 そんな複数に声かけて、
あとはどんな人が居るんやろーと思ってたら、
「おち、都築、そーたにのお三人です」って言われて、
「ええええっ!?」と驚いたという…(笑)。
それで、その時初めてロコモーションの三人と会話らしき会話を交わしたんよねー。
都築 そうでしたね。
高須 またそれも、変な感じやったよなぁ、なんかなぁ。
都築 その頃、まだ『生ダラ』に作家として堀部くんが参加したばかりの頃で、
僕もまだK2の二人とそんなに打ち解けてたわけじゃなかったですから。
確かに、なんか変な現場になっちゃってましたよね(笑)。
高須 またイベント自体も、俺らそんなにやることなかったやんか(笑)。
堀部くんは
「僕が信頼する作家四人なんです。よろしくお願いしますっ」て
始めてんけど、実際なーんにもせんと、喋ってただけやったわー。
都築 僕はね、そのイベントのリハーサルとかゲネプロとか行ったんですよ。
高須 そーなん!?
都築 いや、その頃にはもう、おちもそーたにさんも、もちろん高須さんも
誰も来てませんでしたけど(笑)。
僕、行ったら一人で、しかもコントはほとんど完璧にK2の二人が
組み上げて完成させちゃってて、作家の出る幕無かったんですよ。
僕はただ見て、「どうでしょう?」って尋ねられて、
「いや…おもしろいよね」って、それしか言えない状況(笑)。
高須 信頼されてる割に、やること無かったんよなぁ(笑)。
そして、どことなく散開してしまって、また都築くんと会うことが
しばらく無かった。
そのうち、俺にウンナン解禁年みたいなんがやってきて、
『炎チャレ』やら『桜吹雪は知っている』とかで、
おちくんやそーたにくんと一緒になる機会がでてきたんよ。
でも、それでも都築くんとは一緒に仕事すること無かったのよな?
都築 そうなんですよねー、かすってたんですけどね。
レギュラー番組で一緒に入った仕事はホントに無くて、
こないだココリコの番組でようやく巡り会ったんですよね(笑)。
高須 そうそう。『ココリコ黄金伝説』からね。
----- 意外ですね!
もっと番組がかぶってても、全然おかしくないのに。
都築 僕も十何本レギュラーやってる、高須さんも十何本やってる。
でも、かぶってなかったんですよねぇ。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved