TOPページ御影湯 > 村上卓史
 六回目ゲスト 村上卓史さん(TAKAFUMI MURAKAMI)
名前 村上卓史 さん
生年月日 1966年9月26日生(てんびん座 A型)
出身/住所 神奈川県二宮町出身/東京都品川区在住
趣味 週末旅行 スポーツ観戦 食べ歩き 馬主活動
オフィシャルHP http://muramura.way-nifty.com/shutabi/

「学校へ行こう!」「さんまのスーパーからくりTV」 「ウチくる!?」「TOKYO−BOY」などの バラエティー番組と「SRS」「BOON!」などの スポーツ番組を10数本担当。「オリンピック中継」 「世界陸上中継」「世界バレー中継」 「プライドシリーズ中継」などにも参加。   高須さんとは「ジャンクSPORTS」「人気者でいこう!」の 二本で一緒。   その稼ぎの多くの岩手競馬に注ぐ。現在、2頭の馬主。 夢は愛馬の中央G1制覇。
偏りがおもしろさの秘密
高須 同じスポーツバラエティってところで、
『ジャンク SPORTS』は 大丈夫なの??(笑)
アスリートにとっては「俺ら、遊ばれてるでっ」て
思われたりしてないかな??
村上 トーク主体なので、苦手に思う方もいると思いますけど、
決してアスリートを追い込むような番組にしちゃいけないと思うし、
スタッフともそこは意思統一できてますよね。始まるまでは
「暴露 番組でしょ?」みたいなイメージもあったみたいですけど、
放送していくうちに「出てもいいよ」といってくれる選手が
増えているそうですし。
高須 そういうことをね、誰より村上くんが意識してくれてるから、
俺は「ジャンク」安心なんよ。
だって、「スポーツだけ」の脳ではないやんか。
しっかりと 「バラエティ」としての楽しみ方を知って仕事してくれてるから、
浜田も(村上くんが収録現場にいてくれて)安心してるって聞いたよ。
村上 あ、それはとっても嬉しいです。
僕もフジテレビではこういうスポーツバラエティらしい
バラエティをやるのは初めてで、かなり緊張してたんです、 始まるまでは。
で、新しいスタッフさんに対しても緊張感あったのはもちろん なんですが、
浜田さんに対しても、やっぱし「怖いかも〜」と 思っちゃってたんですよ〜。
僕にとって仕事がしやすいかどうかっていうのは、
「キチンとお話をしやすいかどうか」ってことなんですね。
やっぱりしっかり話や意見を聞いてもらえるか、
アプローチしていけるかって、モノ作りの上で大きい要素じゃないですか。
で、実際に浜田さんにお会いしてみたら、
全く杞憂に終わったので安心しました(笑)。
きちんと意見をお話してくださって、 僕らの側もそれを聞きながら、
自分たちの考えをぶつけて、 うまくコミュニケーションしていけたので。
高須さんに対してもね、初めてお会いするまでは、実際に接する
立場的な近さもあって、対浜田さん以上に緊張してたんですよ、僕(苦笑)。
高須 そうやったん!?
村上 意外に人見知りするタイプなんで(笑)
高須さんと仕事てしいた作家の中野(俊成)くんからは
「一緒にやり 甲斐のある、いい先輩だから大丈夫だよ」
とか言ってもらえてたんですけど、会うまでは
「ホントかなー、ホントかなぁ?」って ずっとドキドキしてました。
だけど、やっぱりそれも全くの杞憂でした。
ジャンクは出演者、 スタッフともどもボクにとってはベストメンバーですね、
って ほめすぎですかね(笑)。
高須 俺はね、ぶっちゃけて言うと「ジャンク」って始まる前は
すごく不安だったのよ。
浜田雅功でスポーツっていう接点が、
あまりにも 思い当たらなくてね。
村上 確かに、そのイメージはありませんでしたからね。
高須 フジテレビの23時台で、それなりに注目されてる枠でもって
単純に浜田に「スポーツキャスター」をやらせてしまっては
いけない、と思ってた。スポーツ番組だからって、
浜田ひとりでスポーツを単純に「お伝えします」なんて、
そんなもんは有り得へんぞ、と。
だから、最初の会議はすごく煮詰まったやん。
どうしたらいいんだよ〜、て。
村上 で、どうにかトーク形式にしようってことが決まっても、
スポーツマンにどれほどトークができるんだ、というのが
かなり不安要素として言われてましたもんね。
高須 そうそう、そんな番組の前例が無かっただけに…。
村上

毎週毎週、アスリートだけで大丈夫なんだろうかって。
そこはやっぱり未知数でしたし。
……だけど、予感としてあったのは、いい意味でも悪い意味でも、
アスリートは「専門家」じゃないですか。
スポーツっていう専門畑で育ってきた人達ばかりで、
十年も二十年もそれだけしかやってこなくて、 今がある。
そしたら、どうしたって「偏り」ますよね。
そこには鉱脈がありそうだな、って。

高須 結局、そこが突破口になったよね。
村上 普通の社会とは確実に違う日々を送ってきて、
しかも、自分が専門としてる競技以外の競技の人と
接する機会もほとんど無い。
高須 それはたくさんのいろんなアスリートを集めてみて、
「あっ、そうなの??」って感じやったよね。
村上 バレーボールの世界の人は、競馬の騎手の話に「へぇ〜っ」て
なったりするし、バドミントンの世界のことは、
カーレースには全く未知の世界だったりして。
よく考えたらそれは確かにそうなんだけど、
僕らにしてみたら、似たようなもんだろ、みたいな認識もあるから、
逆に「あ、この人、このこと知らなかったのか」と思えて、
見ることができてくる。
それでやっと、方向がみえてきて、
ああ、これで少し持久力のある番組になれるかな、とは
思えるようになりましたけどね。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved