TOPページ御影湯 > 鈴木おさむ
 四回目ゲスト 鈴木おさむさん(OSAMU SUZUKI)
名前 鈴木おさむ さん
1972年4月25日生まれ 千葉県出身  

「SMAP×SMAP」 「サタ・スマ」「ぷっすま」「100%キャイーン」「内村プロデュース」その他、10数本の番組を担当  

ラジオ
「木村拓哉WHAT'S UPSMAP」 「SILVAのオールナイトニッポン」の構成を担当

★高須さんとは、「めちゃイケ」「ウンナンのホントコ」「いきなり黄金伝説」 で一緒にお仕事してます。
オフィシャルHP Thttp://www.osamushow.com/
  今回は、木村拓哉との出会いのお話からはじまって、
最終的には「笑っていいとも!」の話が、つらつらつ〜と 語られていきます。
何でそんな話になったのか。 読めば分かる!!
高須 おさむに初めて会ったのは、たしか、、、 『めちゃモテ』やったよな?
鈴木 はい。
高須 その時ね、片岡飛鳥(現『めちゃイケ』総監督)から
「彼がスマップの座付き作家の鈴木くん」 という風に聞いたのを覚えてんねんけど、
そういう言い方、言われ方をおさむ自身がどう思ってるかは あとで聞くとして、
そういう風に紹介されるまでの流れっていうか、 詳しい経緯と言うのかな。。。
一体どうやってスマップとおさむが出会ったのかとか、俺、全然知らんのよ。
だから、そのへんのことをこの機会に聞きたいな、とね。
鈴木 えー、まず出会いは、やっぱりラジオですよ。
高須 それは、ニッポン放送??
鈴木 いや、その出会った番組自体はTOKYOFMなんですけど、
流れとしては、ニッポン放送からですね。
僕、一時期ラジオばっかり、しかもLF(ニッポン放送) ばっかりで
11本の番組をやってた時期っていうのがありまして、
とにかくたくさん書いて書いて、書かされまくったんですよ。ネタから本から、何もかも。
LFって若い作家が入ると、とりあえず何でもいいから 書かせるんですよ、たくさん。
高須 でもそれってすっごく良いことなんちゃう??
鈴木 大変でしたけど、すっごく良かったですね。
高須 だって、そうやって複数の番組につかせてもらったら、
必然的にタレントさん達ともどんどん会話していって、 いろんなことを吸収できていくやんか。
鈴木 そうなんですよー。マジで、毎日が新鮮でしたね。
で、とにかく書いて書いて、ひたすらやっていく…、
やり続けていくうちに番組を一緒にやってるADと仲良くなる…、
そしたらそいつら同世代の人間が、
いつしか ポンポンとディレクターの立場になって番組を持ち始める…、
すると彼らから「この番組やらない??」って 声をかけてもらえるようになるんですね。
で、ばかばかばかっと番組の本数が増えていったんですよ。
高須 ラジオってテレビよりもずっとサイクル速いもんなぁ。
鈴木 LFなんて入社してから一年か二年ぐらいで、
みんな ディレクターとして番組持ち始めますからね。
高須 若い者同士で知り合いになっていったら、どんどん彼らが
仕事を回してくれるようになったりして、変な流れを 生んだりするんよなぁー。
テレビでは、なかなかそうはいかへんけど。
鈴木 これはラジオの良さですよね。
高須 若手にとってはありがたいよなぁ、システム的に。
 
鈴木 で、そんな風にしてLFで たくさん仕事をさせてもらってたんですが、
僕はAMももちろん好きなんですけど、 FMラジオの番組を
どうしてもいつかやってみたいと ずっとずっと思ってたんですよ。
高須 うんうん。微妙な雰囲気の違いあるもんな。
鈴木 そしたら、ちょうどタイミングが良くて TOKYOFMが
バラエティ的な番組を増やそうという 流れになってきてる、ということがありまして、
当時、一緒にLFで番組をやってた フリーのディレクターの方が、
TOKYOFMにも 番組持ってるからってことで、AMでバラエティ的番組を
たくさん作ってこなれてるからってのもあったのか、
僕をそっち(TOKYOFM)に紹介してくださったんですよ。
高須 おー、ええやんかええやんかー。 そいで、木村拓哉のあの番組に繋がっていったんや。
鈴木 そうですねー、ちょうどタイミングが良かったんですよ、本当に。
TOKYOFMに紹介していただいてから、
まず キンキのラジオ特番を一本やらせていただいたんです。
その時にちょうど「おもしろい番組だねー」と 目を付けてくださった方が、
僕を 「実は木村拓哉でもって、こんな番組始めるんだー」と誘ってくれて、
そのまま木村に紹介してくださって…。 そしたら彼は、会ってから、
「同い年だし、(組むとすれば)いいと思いますよ」 って言ってくれて、
そこから今の 『木村拓哉WHAT'SUPSMAP』が 始まった、ってわけです。
高須 そこから、スマップとの旅が始まったよ、と。
鈴木 んー、だから…始点はやっぱりそれですから、
スマップと繋がるにも、まず木村から始まってますよね。
このラジオを2年間やって、それから『スマスマ』 に関わらせてもらいましたから。。。
高須 ラジオ番組自体も、まだ続いてんねやろ??
鈴木 そうです、もう7年以上になりますよ。 今でも構成、しっかりやらせてもらってます。
高須 それもすごいよなぁ…。
鈴木 あれこそがはじまり、って感じですよね、本当に。。。
 
高須 スマップって、アイドルとして出てきた割には、
すごく苦労してるタイプやからなぁー。。。
そのぶん、5人の地肩なんか、めちゃめちゃ強いやんかぁ。
俺、思うけど、彼らがいなかったら とっくの昔に、
『笑っていいとも!』は終わってるんちゃうかなぁって。
一時期、いいともの数字がすごく低迷してきて、 もう勢いがないぞ、という話で、
他の局がずあぁぁっ!!と お昼のバラエティに力を入れ始めた時代があったやんか。
俺もその波に乗っかって、テレ朝で 『真っ昼魔王』をね…
これはー、この番組の名前は ことあるごとに出てくるけどね…(笑)。
鈴木 (笑)。 だって、あの番組すごかったじゃないですか、作家も。
高須 そうやなぁ、作家も何もかも、テレ朝にしては気合い入れてたなぁ。
おちくんも、そーたにくんも…都築くんも やってたんちゃうかなー。
薫ちゃん(小山薫堂)もやってたし、 田中くんとか、、、そうそう三木さんもおったかな。
そりゃもう、誰もがいいともを食いにかかるぞ、みたいな勢いやったよ。
番組自体も「社運をかけて!!」言うてたし…。
…言うてた割に、とんでもないことになり果てたけど(爆)。
鈴木 まぁまぁ。
高須 でも、そんな心持ちになってしまうぐらい、
いいともの勢いって衰えてたと思うのよ、あの頃は。
いろんな局がお昼番組にものすごい力を注いで、
「このまま押せばいける、いける!!」と思ってた。
【日本のお昼は笑っていいとも】の長年の定説を崩せると息巻いてた。
ところが、そうはいかなかった。
いつの間にか、ぐんぐんぐんぐん視聴率伸ばしてきて、
あれよあれよという間に、うちらは返り討ちにされてもーた。
いや、もう、返り討ちどころか滅多斬りやな(核爆)。
鈴木 まぁまぁまぁ。
高須 で、その立て役者っていうのは、紛れもなく 中居くんをはじめとする、
スマップのみんなやったと思うのよ。
それと「いいとも」にアイドルであるスマップを起用して 再生を謀った荒井さん
(現在、笑っていいとも、SMAP×SMAPのプロデューサー)も 凄かった。
芸人さんの憧れの舞台に、いきなりアイドルを入れたわけだから。
スマップにしても、芸人さんが台頭していたあの時代に、
アイドルという形で登場して、 いろんなことを思われた部分もあったと思うよ。
「果たして戦力になるのか」という疑問も含めて、ね。
だけど、類い希なる順応力って言うのかなー、もちろん 努力もあったんやろけど、
あのタモリさんとの空気を きれいに馴染ませていった、あのパワーって言うのは、
やっぱりすごかったよなぁ…。 努力家やなぁ、と、俺は心底思ったもん。
鈴木 それは本当にそうですね。そう思います。
高須 そしてそれを束ねて、乗り越えていったタモリさんの 能力も、俺はまたすごいと思うんよ。
鈴木 ものすごい理解力の持ち主ですよね、タモリさんって。
タレントさんに接するときと、芸人さんに接するときで
明らかにスタンスが違ってたりするんですもん。
高須 でも、違っているのに、どの曜日も、番組的には違和感ないやんか。
鈴木 そうなんですよ〜。
高須 さんまさんにもできない、鶴瓶さんにもない、
タモリさんだけの場所って言うのを、あの人は確立してるもんなぁ…。
いいともなんて、全部の曜日を「奏でてる」って感じ。 うまく旋律を合わせていってる。
見事としか言えない。誰もかれもでけへんよ、あれは。
鈴木 そして最近、歳とってまたおもしろさ増してる部分ありますよね。
年をとったが故に、真剣になっても 「おっさんが真面 目になにやってんだ」
っていうおもしろさが出てきたじゃないですか。
高須 なるほどね。
鈴木 今、いいともに出てるタレントや芸人さんって、
『笑っていいとも』を小さい頃にテレビで見てて、
司会者としての「タモリ」を遠い存在として テレビで見て育ってきた世代で、
そんな人達が今、実際に舞台に立って出てるわけですよね。
だから、出演者がそういう世代の代表的な立場での いじりができるようになってきてて、
それがまた今、新鮮なんですよ。
極楽とんぼの加藤が、ブラウン管の手前で言ってるようなニュアンスで
「おい、タモリ!」 と、視聴者感覚で呼び捨てにする。
その一言に対して、視聴者も引かずに「そうそう」と笑って着いてこれる。
そういう時代になったんだなーって、しみじみ思ったりしますよ。
高須 昔、ダウンタウンがいいともに出た初回。
浜田がツッコミ的に 「おぇ、タモリ!!」 って呼び捨てにしたら、
会場が一瞬ざあぁっ、と引いたんやって。(笑)
鈴木 ははぁ…それはそうなる時代だったでしょうね。
高須 見てる視聴者もそうだったし、 タモリさんにもまた、
そういう扱いが「早すぎるよ」 という構えがあった時代…。
だって「タモリとたけしは一緒のテレビにでないよ」 とか言われてた時代やで??
さんまさんが、それこそ 「タモリ派か、たけし派かお前はどっちだ!」って、
まだ両方にせめられてた時代やからなぁ。
まだまだ第一線で、先頭で笑いの世界を引っ張ってて
「バカにされてはダメだ!!」という意識が強かったんやと思うねん。
今はもう、どっかですぱーんと抜けきって、ある意味 「おっさん」と呼ばれて
扱われること自体をタモリさん自身が 余裕で楽しんでて、
その姿を自分のキャラクターとして 見せていけてるけど、
あの時代はまだそれが早すぎる展開やった。
だから、浜田が一回目に出た後で 「…飛ばしすぎたなぁ」 って言ってたのを、
よーく覚えてる。 ウンナンとは違って、あくも強かったしなぁ、あいつらは。
鈴木 僕、ダウンタウンが紹介された時、よく覚えてますよ。
タモさんが 「えー、このコーナーには来週からダウンタウンが登場します」 って言った瞬間に、
会場が 「えええっ!?」 と、すごい不安げな声に包まれて、ざわめいてましたもん(笑)。
僕はずっと見てたからか、そんな不安はなかったですけどねー。
高須 いや、確かに俺も 「遂に、あいつらも『笑っていいとも』かぁ...」 とは思ったよ。
思ったけど、やっぱり当時は知ってる人は知ってるけど 知らない人にとっては
全く知られてない存在やったし、 嫌われてるとこには嫌われてたしさー…
当時の客の不安って言うのも 分かる気がするわー。
俺も歓迎しながら、どっかで絶対不安やったもん。
鈴木 でも、あの頃『夢逢』が絶頂期だったでしょ??
若者への人気としては、問題無かったんじゃないですか??
高須 それでも、ウンナンと比べられて、そりゃ扱いにくいっていう 印象強かったと思うで。
視聴者に対しても、業界に対しても。
鈴木 あー、そっかぁ…そうですねー…そうかもー。
 
高須 あれっ、なんで「いいとも」の話になってんの??
鈴木 何からこうなったんでしたっけ。
高須 ま、えっか。 話を戻そうー。それから、おさむはどうなったの??
鈴木 えっと、スマスマを始めてからですね…。
  次回は最終回。
放送作家には作家として、ぐぐぃっと伸びる瞬間があるという。
鈴木にとっては「SMAPxSMAP」での、あの時が…。
高須にとっては「ごっつえぇ感じ」での、あの一件が…。
そして、鈴木氏が将来に向かって抱いている野望はとってもいやらしかった!?
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved