TOPページ御影湯 > 鈴木おさむ
 四回目ゲスト 鈴木おさむさん(OSAMU SUZUKI)
名前 鈴木おさむ さん
1972年4月25日生まれ 千葉県出身  

「SMAP×SMAP」 「サタ・スマ」「ぷっすま」「100%キャイーン」「内村プロデュース」その他、10数本の番組を担当  

ラジオ
「木村拓哉WHAT'S UPSMAP」 「SILVAのオールナイトニッポン」の構成を担当

★高須さんとは、「めちゃイケ」「ウンナンのホントコ」「いきなり黄金伝説」 で一緒にお仕事してます。
オフィシャルHP Thttp://www.osamushow.com/
高須 昨日何時まで仕事してたの??
鈴木 えーと、五時までですね。
高須 アレッ!マジで、俺と一緒やん。 おさむがCXに居ったんは知っててん。
会議してる時に、外で声してたから、、、。
三時ぐらいには帰ってるのかなーと思ってたんだけど。 結局、朝の五時までやってたんやぁ。
鈴木 あれから、まだ別会議があったんで、、、、。
高須 うわー…悪いことしたなぁ。
この対談がなかったら、あと1時間は睡眠が 取れてたのになぁ。
鈴木 いえいえ、そんなそんな。
  今日の対談は、午前11時の収録。
お二人のお顔はだいぶ眠そうな感じ。
少しボーっとした空気の中で、 お忙しい中での貴重な時間を割いていただいた対談が、
今日も幕を開けるわけでございます。。。
 
鈴木 ところで、これは一体どのような対談なんですか??
僕、なんにも知らずにただ来ちゃったんですけど。
高須 俺のホームページで、未来を担う優秀な放送作家の人たちに 話を聞こうという趣旨で…。
鈴木 優秀な放送作家。(笑)
高須 今までに中野くん、そーたにくん、おちくんにお願いして、
いよいよ鈴木おさむ先生にと相成りまして…。
やはり、このあたりでおさむを入れなければ、と。(笑)
鈴木 何言ってるんですか。 もー、どんなイヤらしい話を今までにしてきたんですか??
高須 してないよ!!
鈴木 やらしーい事ばっかり言ってきたんでしょ、きっと。
高須 真面目やっちゅーねん。なぁ、タシロ!?
----- …。
鈴木 否定せーよっ。
 
高須 やっぱり、(HPを)見てくれてる人達には「俺も作家になりたい!!」 って人も多くてね、
そういう人達に向かって、少しでも 作家という職業の参考になるようなことを発信できれば、
と 思って、いろんな話をみんなに聞いて載せてんねん。
まずは、みんなにも訊いてきたことやけど おさむがどうやって放送作家という職業に
辿り着いたのかを教えて欲しいねんけど。
鈴木 僕が作家になるまで、ですか? んー…僕は昔から、お笑いが大好きだったんですよ。
特に『夢で逢えたら』がすごく好きで、 あれを見て、
ああいうコントを作るような仕事に就きたい、と 思ってて。。。
高須 そんな世代かぁ…。 え、いつの頃??
鈴木 それはまだ、『夢逢』が深夜だった頃ですね。
高須 じゃ、俺はまだ(番組に)関わってない頃やな。 俺は23時台に上がってからやから。
鈴木 とにかくあの番組の存在ってすごく大きかったですね。
で、どうしたらいいかなー、と考えて、 とりあえず、
当時お笑いのライブとかに力を入れてた 太田プロに
「作家になりたいんですけど」と言いに行ったんです。
そうしたら、当時ドリフターズとか山田邦子さんの番組を 手掛けてらした
前田昌平さんて方が会ってくださって、 こんなことを言われたんですよ。
「最近、若い作家がある企画を書いてきた。
 そこには “まず、トレンディ俳優がたぬきの着ぐるみを着ます” と書いてあった。
 そういうことは確かに実現すればおもしろいかも知れないが、
 俳優が着ぐるみを着る、という発想自体が、 演者自体のキャラクターとかを
 全く無視したことであって、 演者がその場でどう思うか、
 その企画に対してどう考えるか っていうのを、全く分かっていない企画なんだ。
 だから、お前が作家になりたいって言うんだったら、 演者の気持ちが分かる作家になれ。
 そして、そのためには、まず芸人として舞台に出てみろ」 って。
高須 へぇ〜、そーなんや。。。
鈴木 それで、半年間舞台に立ち続けることが出来たなら、
その時は作家にしてやってもいいよ、と言われまして。
高須 えっ、じゃあ実際に自分でネタを作って、舞台でやってたの??
鈴木 ええ、ピン芸人として。
高須 アラッ!これはキツイなぁ(笑)。 芸名は「鈴木おさむ」??
鈴木 ええ、もう、そのままで・
恥ずかしい話ですけど、教えましょうか、ネタのタイトル。
高須 差し障りなければ、、、。
鈴木 ネタのタイトル…【メロンの独り言】(爆)。
高須 ワッ!これはアカンでぇ!!(爆笑)
鈴木 タイトルだけで、もうやばそうでしょ??
高須 なに??それはひょっとして、メロンのかぶり物して 喋っていくの??
鈴木 観光物産展のメロンと化して、独り言を言うっていう…。
高須 あらー…これはまたシュールな(笑)。
鈴木 もー、えらくシュールな…ねぇ!?(笑)
 
高須 それで、その約束を、結局半年間やりつづけて、果 たしたの??
鈴木 そうです、きちんと半年やりました。
で、その間僕は松村さんにすごくお世話になったんですよ。
高須 それって、バウバウの松村くん?
鈴木 まだ松村さんが『電波少年』の司会に抜擢される前で、
高田文夫のモノマネが巧いって話題になってたような、 ブレイク寸前の時期ですよ。
そんな松村さんが僕のことを何故かすごく面倒みてくれて…。
高須 飯おごってくれたりとか??
鈴木 ご飯どころか、遊びに連れて行ってもらったりもして、
太田プロの稽古場で最後にはネタ見せにつき合うっていう ポジションで。
高須 あっ、それはそういう事のための必要要員やってんな。
鈴木 そうなんです、そうなんです。
松村さんのネタを一番最初に見て、似てる似てないを 判断しながら
「おもしろいです、おもしろいです〜」と 言うぞ、乗せていくぞーっていう。
でも、ホントによくしてもらってたんですよ。 ご
飯もいつも奢ってもらって、すごく助かってました。
そんな風に芸人のひよっことして可愛がってもらいながら、
半年後には作家にしてもらったんです。
 
高須 そいで、芸人をやりきって、作家になったわけや。
でもなったからって、すぐに仕事が舞い込む訳じゃないやろ??
鈴木 そう…でもなかったですね。わりとすぐに最初の仕事は いただきました。
僕は二月に作家になったんですけど、 その時にそのタイミングで、事務所が仕事をくれて、
それはTBSでやってた 『加トケンテレビバスターズ』っていう、
『ごきげんテレビ』の 後番組でした。
A群にはしっかりと実績のある作家さん達、 B群には若手の作家達、という形で、
番組の作家陣が 二組に分けられてて、僕はB群に入れていただいたんですよ。
それで、毎週コントを何本か書くんです。 で、それらを上の方がチェックする。
もしもそのチェックを通って、A群の方と志村さんや加藤さん等が 参加する
本会議まで行ったならば、そのコントに対して 一本2万円のギャラが出ます、っていう、
とてもシビアな環境 だったんですけど、B群からコントが通 るってことは もちろん、
そう簡単にはなかったですね。
とりあえずその仕事が一つと、 あとはLF(ニッポン放送)で山田邦子さんの番組がありまして、
そのラジオ番組をやらせていただいて。。。 最初の仕事はその二つでした。
高須 それは、滑り出しとしてはかなり恵まれてるんちゃう??
鈴木 いや、でもラジオの方はもちろんノーギャラでしたし、
テレビの『バスターズ』は参加してから 四ヶ月で終わっちゃいましたからね。
あとは、少ししてから 『槇原敬之のオールナイトニッポン』を一年間、
こっちもノーギャラで手伝わせてもらって、てぐらいです。
高須 でも、そういうのってお金以上に大きかったりするよなぁ。
いろんな人に会わせてもらえるし。
鈴木 それは絶対そうですね。
おかげで、LFとの繋がりがすごく密に組み上げられましたもん。
後々の仕事の繋がりを、このタイミングで得てたんですよね。
それって、金銭以上のことでしたよ。
高須 でも、そのノーギャラ期間中、生活はどうしてたの??
鈴木 僕はその時期まだ大学生で、親を騙し騙し、 生活費は確保できてましたから…。
高須 あー、それもそれでノーギャラ仕事に専念できる いい条件と状況が揃ってたんやなぁ。。。
  大学生の間に放送作家への道を作り上げた鈴木おさむ氏。
まだまだこれから、というその時期に、彼が出会う一人の人物。
その巡り会いが、彼の人生を大きく加速させていく。

「同学年」の彼との出会いについては、待て次回!!
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved