TOPページ御影湯 > 中野俊成
 一回目ゲスト 中野俊成さん(TOSHINARI NAKANO)
名前 中野俊成 さん
1965年5月23日生。 富山県出身。
放送作家として第一線で活躍中。
過去に携わった主な番組として、『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』 『進め!電波少年』『愛の貧乏脱出大作戦』『炎のチャレンジャー』『ウリナリ』 『ナイナイナ』『気分は上々』等がある。現在は、『大改造!劇的ビフォーアフター』 『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』『ロンドンハーツ』『内村プロデュース』 『爆笑問題のバク天!』『アメトーク』『恋するハニカミ』『サルヂエ』等、 十数本の番組を抱える。
また、『大改造!劇的ビフォーアフター』(2003年)
『全国一斉IQテスト〜テスト・ザ・ネイション』(2004年)において、
2年連続ATP賞情報バラエティ部門最優秀賞を受賞。
さらに、劇団ハラホロシャングリラを主宰、全公演の作・演出を手掛ける。
オフィシャルHP http://nakanotoshinari.cocolog-nifty.com/
高須 あのさ、ものを考える時ってどうしてる??
中野 僕はですね、空想です。手がかりは自分の中に、というタイプですね。
高須 外側から吸収したりは出来ないタイプなん??
中野 やー、僕は、ほら、テレビ見ないじゃないですか。
高須 あー、俺も見ぃひんなぁ。
中野 だからもう、自分の実体験から空想して広げていく場合が多いですね。
そんなことしてるから、いざ企画を出したら
「それはもうやってるよ」 という場合も多々ありますけど。
高須 あるある、よくある。
中野 で、言われるんですよね。「なにをパクってんだ」って(笑)。
高須 ちゃうっちゅーねん、なぁ〜(笑)。
中野 そうそう、自分の中ではパクリでも何でもないんですけど、
テレビ見ないから被っちゃってて、結果パクリであるという烙印を押されて。
高須 あるー、あるなぁ。
中野くんはさ、「ウリナリ」の会議でとある企画を出してんて。
----- うんうん。
高須 そしたら、その企画とほとんど同じものが、
その会議の前の週で 既にオンエア済みやってんて(笑)。
----- ああぁう。
高須 「見てませんでした」「知りませんでした」っていうのも、まぁ、 無い話やんか。
自分の担当してる番組の、しかもオンエア済みの企画を 確認もせずに出した、て。
中野 八方塞がりで、どうにも言い訳できませんでしたけどね、あれはさすが に。
高須 やー、怖いなぁと思ったよ。オンエアチェックは基本ですな。
中野 …はい。(苦笑)
 
高須 どう?? 放送作家。
中野 はい??
高須 なってみて、やってみて、良かった??
中野 あー……んー…。
才能という点ではどうか分からないですけど、性分にはあってるな、とは思います。
高須 性分にね、はいはい…分かるなぁ、それ。
中野 ずーっと、決まったオフィスで仕事し続ける、
ということもできなかったり するんじゃないかなぁ。
朝から夕方五時まで、月から金でばっちりと、 という仕事のやり方には、
すぐに根を上げてしまいますよ、きっと。
だから放送作家になった、ということもあるかもしれないというぐらいに。
高須 俺らがちょうど作家としてやりだした頃に、
FAXっていうもんが 家庭に普及しだして、同時に携帯電話というものも出始めて…。
それによって、今まで確実に事務所を持たないとやれなかったことが
全部一人で出来るようになったやんか。
原稿をどこででも書けるし、 打ち合わせの時間も 全部自分一人で調整できてしまったりするし。
放送作家の自由度っていうのが、そういう機器によっても上がった、 というのはあるよね。
中野 そうですねー。自由度は当時からしたら飛躍的に上がった、うん。
高須 だからなー、そのうちにー、テレビ電話で会議して、
現場に行かなくても 大丈夫、というようなことが起こってきたりするんちゃうかなーと、
俺は未来を読んでいるのよ。
中野 携帯電話だってこんなに普及するとは思ってませんでしたもんね。
高須 そうそう、メールとかインターネットにしたってそうやんか。
こんなことが大多数にとって「普通」になるなんてさぁ、本当に 思いもしなかったし。
だからなー、そのうちに
「へぇ、高須さん、車に乗ってCXに会議とか 行ってたんですかー。
  めんどくさかったんですねー、あの頃は」
とか 言われるような時代が来るんじゃないかと思うのよ、作家の世界にも。
中野 だってもう、普通の企業ではテレビ会議なんて当たり前にやってたり しますしね。
この業界が遅いだけかもしれませんよ。
高須 そうー。だからきっと
「あーっ、お台場から赤坂へ急がないと遅れる〜」
なんてことが無くなってしまったりするんやって、きっと。五年ぐらいで。
 
中野 僕、携帯持つの早かったんですよ。新しもの好きだから。
高須 え。まさかあの、まだまだコードレスホンのお化けみたいなカタチしてた
頃から使ってたん??
中野 そうですそうです。
こんなでっかくて、すごくかさばって、持ち歩くのも 面倒で。
で、会議の時とかテーブルの上に出しておけないんですよ。
出してたら 顰蹙ものでしたからね、当時。
「お前そんなの使ってるのかよー。 俺は携帯なんて一生持たないぜ〜」
って、みんな言ってましたからね。
高須 言ってた言ってた。みんな言ってた。(笑)
中野 今、みんな持ってますからね(笑)。当然のように。
高須 あと、パソコンな。便利やよなぁ〜。
中野 便利ですねー。これで直接FAXも送れちゃうし、もう便利便利。
高須 そして、送ってる場所が分かれへんのがいい。
どこで仕事してるかが分からない。それが素敵。
----- (爆)。
中野 あれねー、時間も消しといたら更にばれないんですよ。
高須 あっ、なるほど。
直前に送っても、大分前に送っておきましたよー、と 言えるわけやね、なるほどー。
よし、時間消そ消そ。(笑)
----- あのぅ、最近は受信側で時間記録するのもありますから、
そううまくは いかないと思いますけど…。
高須・中野 ちぇーっ。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved