TOPページ御影歌 > タカハタ秀太
 六回目ゲスト タカハタ秀太さん(HIDETA TAKAHATA)
名前 タカハタ秀太 さん
演出家、映画監督。
「ASAYAN」、モーニング娘。「LOVEマシーン」などのPV、「SmaSTATION!!」「チョナン・カン」、SMAPコンサート映像などを手がける。

映画
「ホテルビーナス」(2004年 主演:草なぎ剛)
※第26回(2004年)モスクワ国際映画祭、コンペティション・パースペクティブ部門最優秀作品賞受賞。
TV
「つんくちゃん。」「つんくタウン」「チョナン・カン」「SmaSTATION!!」「ASAYAN」「SMAP×SMAP特別 編:木村拓哉の同学年」「寺内ヘンドリックス」「完全人体張本」「ケンカの花道」・・・・
著書
「目玉焼きにケチャップ 前戯15分 痩せたい?いいえ。日本新国勢調査」
作者:タカハタ秀太/都築浩/鈴木おさむ
 ☆タカハタテイスト
高須 音楽はもともと好きなんですか?
タカハタ いや、ホント普通ですよ。何がどうこうってことはないですけど、
全般的にキライではないし、マニアでもないです。
高須 僕ね、タカハタさんの使う音楽も好きなんですよ。ラブ……
タカハタ ラブサイケデリコ?
高須 そう!ラブラ……サイ……ラブサイケデ、リコ? ラブサイケデリコ(笑)? 
僕、音楽をほとんど聴かないんですよ、でもラブサイケデリコは
いいなぁ〜と思ってたんですよね。そしたら『ホテルビーナス』で使われていて。
また、「あぁ〜俺好みやなぁ」って勝手に思いながら。
あとね、画にもすごいこだわるじゃないですか。
これはたまたま狙って撮ったものか、ちゃんと備え付けて撮ってるのかわからんけど
あの鳩のシーンとか、猫が穴にがっと入ったりするところとか、
あんなんは別に狙って撮るもんやないやないですか。
(※『ホテルビーナス』をご覧ください)
どうなんです? 狙ってたんですか?
タカハタ 狙いましたよ。
高須 わっ、あれずーっと狙って撮ってたんですか?
タカハタ はい。
高須 そこに鳩が来るのを、ですか?
タカハタ いや、その街が鳩が多かったんで。
高須 あ〜、なるほどなるほど。これ使えるなって現場で思ったんですか?
タカハタ 現場でこれ使えるな〜と。 全部ご覧になったんですか?
高須 じつは今朝、見たんですよ。
タカハタ 倍速じゃなくて、普通に?
高須 普通にですよ。ここに来る前、見れるところまでしか見れてないんで、
続きがすっごい気になってる状態です…。
タカハタ そうなんですか(笑)。
高須 もうちょっと早く起きる予定やったんですけど、ちょっと昨日
思いのほか慣れないロケに出て、疲れてしまって。ほんとすみません!!
タカハタ いえいえ(笑)。
高須 僕、映画がほんまに好きなんですよ。
タカハタさんの作品は、画が好きで見させていただいて。
「なんでこの瞬間だけちょっと変わった感じで撮ってんのやろ?」とか、
「なんでここだけこうする必要があったんかな?」とかね。
だから内容もさることながら、「あ、こういう風に撮るとリアルやなぁ〜」とか
「こういうとこでカット変わんのかぁ」とか画も気になってしまうんです。
タカハタ 嬉しいですね。
高須 あと、セットの作り方がいいんですよ、シンプルで。
「この人ちゃんとセットを画作りの中で理解して作ってるなぁ」って。
ああいうセットを作ってくれる人がなかなかいないというか、
僕のイメージではそういう風に伝えたつもりでも、
全然違うものが上がってくることが結構あるので。
タカハタさんの作品にはそれがないんですよ。
タカハタ ほんとですかぁ?
高須 はい。ちゃんと自分の軸があって、画がちゃんとしてるんですよ。
それでいて細かいっていう。
テロップといい、小細工がキレ〜イにハマってくんですよね。
あの小細工はなかなか出来ないですよ。みんなふわっとマネしますけど。
「あ、これちょっとふわっとマネされたな」ってあるでしょ?
タカハタ はいはい。
高須 ふわっとマネしてるやつは、あんまり深くいろんなこと理解せずに
やってるな〜って粗さが目につきますもん。
タカハタ そうですねー(笑)。
高須 さっきPVやってたのかな?って思ったのは、音の使い方と画のタイミングが
上手いな〜と思ったからなんです。
タカハタ ありがとうございます。
……なんて言えばいいんだ、僕は何を喋ればいいんだ(笑)?
高須 すんません、僕褒め好きなんですよ。
タカハタ そうなんですか(笑)。
高須 あ、でもこのコーナーに出てもらっている方はちゃんと好きな人なんで。
認めてる人なので、基本的に褒めてしまうんですよ。
だからすごいいろんなこと言いづらいと思うんですけど、
いいんですよ、どーんとしていてくれれば。
タカハタ はい、わかりました。(苦笑)
高須 でも、意外と僕見てるでしょ?
タカハタ そうですね、細かいですね。
高須 昔からタカハタさんの作品見てきてたんで。
こんないやらしい進行でいいですか(笑)?
あと『つんくタウン』とか『チョナン・カン』とか、
外国語のテロップが入ってるのがすごく新鮮でしたよね。
タカハタ 『つんくタウン』、あれは映画を扱ってるんでね。
映画のアウトプットは世界じゃないですか。
だからそういうのがあればいいかなぁと思って作ったんですけど。
高須 韓国語ってすごいですよね。いろんなものをクサく見せないでしょ。
タカハタ クサく?
高須 回想シーンだろうが、例えば『ホテルビーナス』で日本語喋ってると、
なんとなくあの世界観を受け入れられなくなってしまいそうな気がするんですよ。
それで、韓国語ってすごいなと思ったんですよ。
音として、普通は「あれ? この世界って?」って思うのに。
タカハタ そうなんですよ、実はすごくベタな世界なんですよ。
ベタで、めちゃめちゃウェットなんです。
日本語でやると、とんでもない2時間ドラマとか、それも関西の放送局が作るような
2時間ドラマっぽくなったりするわけですよ。
高須 すっごいわかる。
タカハタ あと、僕がすごいドライに作るだろうなぁと思ったから、脚本の麻生さんに
あえてウェットにしてくれって頼んで、そしたらあんなことになったんですよ(笑)。
高須 なるほどね。いや、でもあれはやっぱり韓国語の力が大きいですよね。
僕はもともと韓国語にあんまりだったんで、日本語版で見たりしてたんですよ。
でも、ここ最近韓国の映画をしっかり見るようになって、慣れてきたのか
韓国語で聞いた方が入ってくるんですよね、ずっしりと。で、日本語だとクサい台詞が
韓国語だとなんでこんなにスルッと入ってくるんかなぁと思って。
それを日本の作品において、いち早く使ってるのもすごいなぁと。
タカハタ まぁ、俳優さんには失礼かもしれないけど、
読む映画っていう裏コンセプトもあったんですよね。
高須 そうなんやー。 自分で書いて撮ろうとは思わないんですか?
タカハタ もちろん全然思いますけど。なかなかね、時間的なこともあるし。
高須 どういう流れで、今のようなテイストの映画とかモノ作りになったんですか?
コレ!ってのはないんですか?
タカハタ ほんっとにね、コレにハマったとかすごい何かに詳しいとかってないんですよ。
この世界に入ってもそんなに……。
まぁ責任感が強いのはあるんですけど、なんだろうなぁ…。
でもフリーになってみて、"誰かがやっていそうなことだけはやるまい"ってのは
絶対ありましたけどね。だから普通に街を歩きながら、
間違い探しをしてたかもしれないですね。ビルにしてもなんにしても、
これは違うだろ、これもこれもって。
排除していくとやっと人格形成できた、みたいな。
高須 なるほどね。あ、俺こっちなんだってね。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved