TOPページ御影歌 > 片岡飛鳥
 二回目ゲスト 片岡飛鳥さん(ASUKA KATAOKA)
名前 片岡飛鳥 さん
6.愛しい人へ
片岡 この世界で14年やってきた今、言えることは
僕はやっぱり、芸人が大好きなんですよ。
それに尽きる。
高須 それは俺もそうやで。
片岡 自分がナイナイとずっと一緒にやってるからって、
ロンドンブーツのことを嫌ったりとかってことは、
例え話としても有り得ない。
彼らがおもしろいことをやってれば手を叩いて笑うし、
ココリコだって好きだし、ダウンタウンもさんまさんもみんな好きなんだ。
芸人って人達が、全部愛おしい。
高須 そうね、だって、絶対頑張ってるやんか芸人って。
人を笑かすために、命かけてるわけやんか。
そんな姿見ると、もう、それだけで拍手してしまう。
もちろんそれで「何でもあり」ってことにするつもりは無いよ?
だけど派閥的な発想を、本人以外の、周りのスタッフが
持ってしまう事って、絶対違うと思うんよなぁ。
俺はダウンタウンもやってるし、ウンナン、ナイナイ、 ロンブー、ネプチューン、
いろんな芸人と番組作ってるのも、 そういうのが嫌やからなのよ。
派閥があって、その芸人さん以外の笑いは笑いじゃない!
みたいな素振り振りまいたって、「笑い」のためにならへんやろ?
片岡 制限するだけだよね、「お笑い」って世界そのものの発展を。
高須 『ひょうきん族』ってごった煮で、もうそれは当時の笑いの
全ての要素を全部独り占めにしたような番組やったやんか。
だから、良かったんだと思うのよ。
だからこそ、番組もお笑いっていう文化そのものも
進化できたっていうか、さ。
視聴者は「芸人が何がなんでも笑かすぞ!」という
戦いが見たいんだと思う。
どんな状況でも面白い人は面白いしね。
片岡 ほんとにそう思う。
僕も笑いがホントに好きだから、「ひょうきん族」みたいに
毎週のレギュラー番組でずっとっていうのは無理でも、
いつかどこかで「芸人」ってものが
ガサッと一つになるきっかけが欲しいなって思う。
それはもう、日本のお笑い祭り。
そうじゃないと、テレビ文化の中での「芸人」っていう分野そのものが
何の価値もないものになっていくと思うから。
彼らを含めた笑いのカテゴリーの位置を、
相対的に高めることが、最終的な使命だと思ってる。
プロダクションがどうとか、派閥がどうとか言ってたら、
バラエティの枠、全部「芸能人」に持っていかれかねない。
高須 芸能人、ね(笑)。

今はホントに「芸人」の居り処、厳しくなるばっかりやもんなぁ。
…芸人の周りの人間が、派閥意識を捨てられれば
絶対違ってくると思うねんけどなぁ。
「自分はこの人以外の笑いは認めない」ってこだわりは
捨てていかないと、その派閥自体を 時代遅れにしてしまうと思うねん、俺は。
片岡 高須さんがいろんな芸人さんとやってるのには、
そういう考えが強くあるってこと?
高須 かなりある、かもなぁ。
結果で言ってしまえば、自分が自分として生きていくために、って
見え方になってしまうのかもしれんけど、
だけど、ダウンタウンの笑いがホンマに一番やと
心のどこかで信頼し続けてるから、
「作家・高須」っていう立場の自分というものは
余計に外へ出ていかないと、とも思うんよね。
片岡 それは普通のファンの人達には伝わりにくそうな思考だけどね。
高須 そうかもしれんなぁ。
 
片岡 何にしたって、「芸人」と「芸能人」じゃ違うよね。
「芸人」はやっぱり笑いをビシッと突き詰めて、それをオンエアする。
ある意味、プロとして命を懸けた行為だと思う。
だっておもしろい事が仕事だし、それがつまらなかったら
「もうやめれば?」って言われておしまいだから。
例え「芸能人」が歌や芝居が本業だけど、
バラエティもやれます、ってところで 進出してきたとしても、
それは「お笑いごっこ」だから。
高須 なるほど。
片岡 だけど世の中はそんなこと考えてる人は少なくて、
「芸人より芸能人の方がかっこいいから」なんて言う
視聴者が多いんだと思う。僕、そういうのを聞くと
「じゃあ、芸人がどれだけかっこいいか見せてやろう!」って
思っちゃうんだよ。(笑)
【歌ってるSMAP木村】と
【ひとボケのためにフルマラソンしてるナイナイ岡村】を
「かっこいい」っていう軸で比べてもらって構わないよ、って思うんだ。
高須 いいねぇ〜その闘い(笑)。
「めちゃイケ」の特番って、そこでつくられてる物、ホンマ多いやん。
それって飛鳥の色にもなってると思うよ。
片岡 大人げないって分かってるんだけどなぁ(苦笑)。
高須 そこの情熱無かったら、ほんまにおもろいもんなんかつくられへんって。
大人げないから、お笑いに関わってると思うもん(笑)。
片岡 いいのかなぁ、このまんまで(笑)。
高須 ええねんて、それこそが求められてるよ、確実に。
誰かが守っていかないと、そこの闘いは、さ。
片岡 おもしろいことしたいんだよなぁ…。
高須 したいね。
 
  芸人がどんどん生きにくくなっている今のテレビ世界があるとして、
そこを何とか踏みとどまって、
「笑いを追求できる環境」を 守ろうとしている人達が居る。

それは「芸人」自身では出来なかったりすることなのかも知れない。

「芸人」という生き物と同様に、「ディレクター」という生き物も在り、
「放送作家」という生き物も在る。

それぞれの立場で、それぞれが守りたいもの、守れるもの。
補い合って、素直になれれば、きっとすごいパワーが生まれると思う。
今はまだ、たくさんのことが絡み合いすぎてかなわないとしても、
信じ続けて頑張ったら、なにかとてつもない事は起こりうるかも知れない。

いつだって時代は、そうやって覆ってきたのだから。

純粋な気持ちでしか、見えないものがあるんだ。
信じ続けて、やるしかないんだ。

そういう当たり前のことを改めて認識した、今回の対談。
この後、片岡氏と高須氏は夜明けまで飲み、語り明かしたそうな…。

闘う人はかっこいい。

芸人も、ディレクターも、作家も、誰でも、それが命懸けであるならば。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved