TOPページ御影歌 > 杉本達
 一回目ゲスト 杉本達さん(TORU SUGIMOTO)
名前 杉本達 さん
過去に手がけた番組として『カノッサの屈辱』、『TVブックメーカー』、 『ジャイアント将棋(ラスタとんねるず)』『気分は上々』『ウィーケストリンク』 『世にも奇妙な物語』『ウンナンのホントコ』などがある。
『映画版未来日記』では監督も努めた。

現在はフリーの演出家として活躍中。
テレビ以外のメディアに進出中とのウワサ。
2.ディレクター事始め
杉本 でも、実際その助監督の仕事はものすごくハードやったんよ。
きつくてきつくてヘロヘロで、その割には給料もそんなには 高くなかった。
とにかくしんどかってん。 で、そんなこんなしてたら二十歳になって…。
高須 まだ二十歳かよ!?(笑)
杉本 そうやで??
高須 って、どんだけ喋る気やねん。もっとさばけ、さばけっ(笑)。
杉本 お前が喋れと言うから!(笑) ええやんけ、聴けっちゅうねん(笑)。
ほんで、結局学校の流れでにっかつの撮影所に就職しなさい、と 勧められたんよね。
けど、その就職先って言うのが「美術部」。
給料訊いたら「月給七万です」って言われてビックリや。
当時で、家賃が四畳半木造2階建て風呂なし共同便所で 一万五千円ぐらいやったから、
それでは絶対キツキツなわけよ。 だから、その話は蹴って、もう京都に帰ってん。
けど、その帰阪には保険があって、友達が大阪で制作会社を作るって言う
話が持ち上がってたわけ、その時。だから安心して帰ることができた。
高須 そんなもんにええ話あるかいな。。。
杉本 そう、あるわけがない。(笑)
で、あてにして帰ってみたら「そんな会社作りませんよ」って なってしもた。
そしたら、それじゃあんまりだってことで、
会社作るって 言ってた人がバイトを紹介してくれた。
それは、ビラ配りのバイトやってん。
高須 うわぁ…新聞配達とか、ビラ配りとか、つらいのぉ〜。
戦後のどさくさに生きてたんやなぁ、お前一人。。。
杉本 うっさい!(笑)
そんなこんなでビラを配って、二ヶ月三ヶ月ぐらい経った頃かな。
そのビラ配りの会社の人が、当時大阪ではトップの放送作家だった
寺崎要さんと知り合いやったんよね。
高須 寺崎さん言うたら、大阪のテレビ界で知らぬ 者無し、てぐらい
有名やったからなぁ。
杉本 そうそう。で、何の因果かその会社の人が
「寺崎さんがADを 探してるらしいから、お前行ったら??」
ってことで、俺は 制作会社の「スタッフトゥーワン」っていうとこに
紹介されて入ったわけ。
そこから、大阪の吉本系の仕事にいろいろ関わっていってん。
そこでの一番最初の仕事はさんまさんのコンサートやったなぁ。。。
 
杉本 そんなこんなでもがきながら、ADとして働いて、
一番最初にディレクターとして関わった番組が『サブローシローの今夜はねむれナイト』。
高須 サブローシローがしばらくやった後、紳助さんにバトンタッチする番組やんな??
杉本 そうそう、俺は紳助さんに変わってからはほんの少しの期間しか
やってないけど、でもその番組内のコーナーで 『ダウンタウン劇場(シアター)』
ってのがあって、 それがダウンタウンの火付けみたいになったんよな、確か。
そして、その「ねむれナイト」の担当が終わったら、
今度は会社にラジオの構成をやってくれ、と言われてん。
高須 えっ、ジブン、構成作家になりたかったの??
杉本 ちゃうちゃう。当時の大阪って、システム的にディレクターより
作家の方が番組作りの上でチカラ強かったりしたやんか。
で、番組を好きに創りたいと思ったらディレクターより 作家だろうと思ったし、
師匠が寺崎さんで作家さんやった わけやから、
よし、作家でやってみようって思ったわけ。
そしたら、その話と同時に『4時ですよ〜だ』のディレクター やれへんか、
ていう話がいきなり舞い込んできたワケよ。
高須 同じタイミングで。
杉本 そう、もうラジオの演出やります、て決めた矢先のことやったなぁ。
 
杉本 ラジオは月曜日から日曜日まで毎日、帯の番組全体を仕切れる。
しかも時間帯22時から24時まで。つまりヤンタンの裏番組。
ラジオで言うたらゴールデンみたいなもんや。
でも、「4時」はテレビとはいえ一つの曜日を 担当するだけ。
そうしたら、俺はラジオをやる方か自分にとっていいだろう、とその時判断したんよね。
結局、いろいろ考えた挙げ句に「4時」には関わらなかった。
もし、あの時俺がラジオを蹴ってたら、 高須ちゃんと会うてたかもしれへんかったわけよ。
高須 でも会えへんかった。
そして何の因果か、それからもずっとずっと会うきっかけがなかった。
 
高須 それから会社辞めたんやっけ??
いろいろやらかしてもーたんやろ(笑)、噂によると??
杉本 やらかしてしもたねぇ(笑)。
神奈川に左遷されて、大変大変(笑)。
でも、その神奈川時代、 結構いろいろと個人で仕事を引き受けてやってたんよね、俺。
したら、そっちの仕事の方が何となく増えてきて、
しかも 東京の仕事が結構多かったからさ、これは大阪だけで制作やってんのは もったいない、
これだったら会社自体が東京にも進出していけるぞ、と ある時判断したわけよ。
そこで会社に「神奈川までじゃなく、僕らも 東京へ一気に進出しましょう!」って進言したら、
「そんなん勝手にやれ!」言われて(笑)、 なんかぎくしゃくして会社辞めてもーた。
そしたらすぐに、内職的な仕事の方で知り合ってたCXの 桜井さんっていう
女性プロデューサーから声がかかってね。
(↑その後、『ウゴウゴルーガ』のプロデューサーなど務められた方)
「じゃあ君、フリーになったんだったら深夜番組やってみる?」と誘われたんよね。
それが『カノッサの屈辱』っていう番組だったわけ。
高須 ほぉ、人生の底辺からようやく抜け出しはじめたんや。
しかも、蘇るには十分な番組での再スタート。
杉本 ようやくですよ、これ。
長いこと、だいぶ辛かったからなぁ〜(苦笑)。
まぁ、流れを考えたら決してひとつも無駄ではなかったわけやけどさ。
 
杉本 当時はCXが若手のディレクターを積極的に養成しようとしてた頃で、
実力のある奴、可能性のある奴にどんどんチャンスを与えよう! みたいな時代だったんよ。
局員も外部も関係なく、っていうそんな時代だったからこそ、
俺にも いろんなチャンスが降ってきてね。
俺一人に半年深夜ドラマの監督を任せてくれたり、
フリーのディレクターなのにレギュラーの企画書を通 してくれたりって、
今ではとても考えられないような待遇やってん。
「カノッサ」やって…その後『TVブックメーカー』やって。
そんなんしてたら、何かのタイミングで 個性あるディレクター陣を
深夜からゴールデンへ 進出させようってことになって、
『ラスタとんねるず』の仕事が来た。
この番組は五人のディレクターがそれぞれコーナーを担当して、
一番おもしろいと思われたコーナーに 尺を与える(放送時間が一番長いコーナーになる)って、
だいぶ競争めいた感じの方針やったなぁ。
高須 おっ、そろそろ自慢話やなっ。
杉本 そらそうやがな、言うときは言わんと(笑)。
で、俺が担当したのは「ジャイアント将棋」ってコーナーでね、
それはとんねるずの二人にはまったコーナーやったんやろね、たまたま。
で、代表コーナーとしてオンエアされることになったという。。。
高須 「ジャイアント将棋」はセットというか、世界感はすごいかっこよかったなぁ。
腹立つけど…。
杉本 腹立つ言うなよ!!
高須 俺は当時あの番組を見てて変やなぁ〜と思ってたのよ。
とんねるずとは全然接点のなかった 大阪のタレント入ってたりしたやんか、あのコーナー。
杉本 はいはい。。。
高須 なんで東京のスタッフが、大阪のタレントに注目すんねやろ??
そんなスタッフもとんねるずは持ってるってことか??とか、 いろいろ思ってたなぁ。
でも、その頃「杉本達」という人間を全く知らなかったから、
「おっかしいなぁ」と思うだけで、それっきりやったけどね。
不思議でしょうがなかったけど、すぎもっちゃんがやってたと知った時、
なるほど、この男のテイストかぁ、と納得したもんなぁ。
それからまだまだ時間が経って、 結局、俺とすぎもっちゃんは
ウッチャンナンチャンの 現場で初めて会うことになるわけですよ。
いやー長かったなぁ、ここまでのあんたの独白プロフィール!(笑)
杉本 君が喋れって言うたんやんけっ!(笑)
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved