TOPページ > プロフィール
 高須光聖(MITSUYOSHI TAKASU)
名前 高須光聖(たかすみつよし)
生年月日 1963年12月24日
出 身 地 兵庫県尼崎
血 液 型 B型
星  座 山羊座
趣  味 海外旅行(祭り好き)・食べ歩き
幼少の頃よりダウンタウンの松本人志と浜田雅功と親交を深め、大学卒業後、
彼らに誘われ24歳で、「4時ですよ〜だ(毎日放送)」にて放送作家デビュー。
25歳で「夢で逢えたら(CX)」「ガキの使いやあらへんで!(日テレ)」への参加を機に、
東京と大阪の往復を始め、28歳で東京移住。
以降、ダウンタウンのほぼ全てのレギュラー番組を手がけるだけでなく、彼らのブレーンとして、
坂本龍一とのユニットバンド「ゲイシャ・ガールズ」や、イベントやライブをサポート。
松本人志プロデュースのビデオ「頭頭」では脚本を担当。
ビジュアルバム「約束」「親切」「安心」では、構成・演出を手がける。
一方で、放送作家として多数のテレビ番組を担当。 ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、
ナインティーナイン、ロンドンブーツ1号2号から KinkiKids、
久米宏(「ニュースステーションを担当」)まで、その幅は広い。
1996年
糸井重里、ウルフルズ、テイ・トウワ、近藤サト(元フジテレビ)、電気グルーブ、
ダウンタウンなどとの対談集「御影屋」(ビクターブックス)
書き下ろしエッセー「友達」(竹書房)の二冊を出版。
2000年春
松本人志の初主演ドラマ「伝説の教師」では原案作成に参加。
同年、自らが企画した「未来日記」が映画化、原案・脚本を担当。
「映画版未来日記」の観客動員数は50万人を越え、まさに大ヒットとなった。
さらに、未来日記挿入歌である、サザンオールスターズの「TSUNAMI」や
福山雅治の「桜坂」は連続ダブルミリオン記録し、「未来日記」は社会現象となる。
2001年春
日テレ系ドラマ「明日があるさ」の脚本を担当。
同年、未来日記が世界中で絶賛を博し、ヨーロッパ、アメリカなど、15カ国で放送。
日本の企画がアメリカの三大ネットワークの(abc)のゴールデンタイムにオンエアー
されるのは異例であり、もちろん日本初の快挙となる。
2002年春
台湾で「明日があるさ」の脚本権が売れ、台湾版「明日があるさ」が放送。
同年秋、映画「明日があるさTHEMOVIE」の脚本を手掛ける。
同年秋、タカラ「e―KARA」(藤井隆・由紀さおり・鈴木杏樹・広田レオナ・温水洋一が出演)
のCM演出を担当。
2003年
「放送室(東京FM出版)」と「放送室の裏(ワニブックス)」の2冊を出版。
同年日経エンターテイメント10月号にて、最も多くのレギュラー番組を持つ
ヒットメイカーとして紹介され、12月27日松本人志と共に武道館にて、
史上最大のラジオ公録(7500人)を開催した。
2004年
「面白くなければテレビじゃない!」を掲げ、フジテレビの27時間テレビに参加 。
芸人祭りに湧いた27時間テレビはテレビ業界の一つの事件となった。
また「ガキの使い」の罰ゲームを集めたDVDが90万枚を売り上げる快挙を達成。
バラエティー番組が出したDVDで類をみない。
2005年
笑福亭鶴瓶氏の「鶴瓶話2005」の一人芝居の脚本に参加。
松本人志初監督映画の脚本を担当。
みずから編集も立ち会った「ガキの使いのDVD」総売上が150万枚を突破。
KinKi Kidsのアルバム「H」(※【AOZORA】)に作詞を提供。
と、その活動の幅を広げている。
2006年
ヤクルトスワローズの古田敦也監督を旗本に作られたFプロジェクトに参加し、
神宮球場の場内演出&プロデュースを手がける。
千原ジュニアのライブ「6人の放送作家と1人の千原ジュニア」に参加し、「話のモルモット」を企画・演出。
家電漫才フルCGアニメーションの脚本&構成を担当し、2007年秋には地上波放送予定。
更にスタジオ4℃「ジーニアスパーティー」作品に脚本として参加。
ニッポン放送では「ザ放送サッカーズ」のラジオパーソナリティーを務める。
2007年
WOWOWで放送された「蒼井優×4つの嘘カムフラージュ」で映画監督山下淳弘、
映画監督タナダユキ、CMクリエーター高崎卓馬と共に4人のクリエーターとして参加。
三話からなる「バライロノヒビ」を制作発表。
一方大学の講演や代理店である電通やフジテレビなどでの講演を多数こなす傍ら
自らの半生を綴った私小説「あまりかん〜尼崎青春物語〜」(KKベストセラーズ)が
紀伊国屋本店にて4月の月間ナンバー1に選ばれる。
盟友でもある松本人志初監督作品「大日本人」の制作にも参加し、
カンヌ国際映画祭の「監督週間」に招待される。
NHKで放送された松本人志の大人間論ではその苦労を二人で語っている。
2008年
自らも脚本&構成を担当したフルCGアニメーション「家電漫才」がテレビ東京にて放送。
自身初のショートムービー作品である「賽ノ目坂」の脚本&監督を務め同年発表。
TBS系のR30の番組出演ではそのいきさつを語っている。
松本人志とのFMラジオの「放送室」が初のCD化でアルバムチャートのベスト3に入る。
同年松本人志監督作品第二弾「しんぼる」の共同脚本。
恒例となった大晦日5時間50分という「笑ってはいけない新聞社」が視聴率15.4%をとり
DVD売り上げは280万枚を突破した。
 高須光聖レギュラー番組 ほか

出演番組

JFN系列ラジオ ※放送日時詳細はオフィシャルサイト参照
『松本人志の放送室』 http://www.tfm.co.jp/hoso/
※松本人志とともにパーソナリティをつとめる
ニッポン放送 毎週月〜木 21:00〜22:00 放送
『THE 放送サッカーズ』 http://www.allnightnippon.com/sakka/
※高須がパーソナリティーを務めるのは毎週月曜です。
『御影のツボ』(SKYPerfecTV!ヨシモトファンダンゴTVリピート放送)

担当番組

 
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!
ダウンタウンDX
にけつッ!
浜ちゃんが
リンカーン
ロンドンハーツ
いきなり黄金伝説
oh!どや顔サミット
ジャガイモン
めちゃ×2イケてるッ!
爆笑大日本アカン警察
HEY!HEY!HEY!
新堂本兄弟
ナダールの穴
MHK
もてもてナインティーナイン

担当番組(不定期)

オモバカ(フジテレビ)
IPPONグランプリ(フジテレビ)
IPPANグランプリ(フジテレビ)
IPPONプラス(フジテレビ)
IPPONオープン(フジテレビ)
ジュニア枠(フジテレビ)
ウンナンの気分は上々(TBS)
たけし所の二人テレビ(各局で)
ずっとあなたが好きだった(TBS)
芸能界ワイドショー家族NO1決定戦(朝日放送)
芸能人ウワサの美人妻&自宅を解禁!夫婦の掟を大決定スペシャル(テレビ朝日)
銭形金太郎(テレビ朝日)
タカトシの時間ですよ(TBS)

担当番組(年1度)

笑ってはいけないシリーズ特番(日本テレビ)
ドリームマッチ(TBS)
キングオブコント(TBS))

連載

TVLIFE(テレビ情報雑誌)「業界ライフ」
クイックジャパン(太田出版)「高須光聖『クイックch』」
GQJAPAN(コンデナスト・ジャパン)「内田恭子と高須光聖のTable Talk」

これまでの担当番組

「4時ですよ〜だ」(毎日放送)
「夢で逢えたら」(フジテレビ、1988年〜1990年の深夜番組)
MBSヤングタウン(MBS毎日放送 ダウンタウン出演の木曜日)
EXテレビ(讀賣テレビ)
痛痛快!明石屋電視台SP(毎日放送)
ニュースステーション(テレビ朝日)
ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!
(テレビ朝日 1995年10月〜2000年3月)
ウンナンの気分は上々(TBS)
ウンナンのホントコ!(TBS 未来日記など構成)
LOVELOVEあいしてる(フジテレビ 1996年10月〜2001年3月)
熱血27時間 炎のチャレンジ宣言(テレビ朝日 1996年)
熱血チャレンジ宣言'97 (ブリーフ4担当、テレビ朝日 1997年)
ぷらちなロンドンブーツ(テレビ朝日)
人気者でいこう!(ABC 浜田雅功出演、1997年4月〜2001年9月)
一人ごっつ(フジテレビ 松本人志出演、1998年放送)
松ごっつ(フジテレビ 松本人志ら出演、1999年放送)
ダウンタウンセブン怒れ!熱き日本人(毎日放送)
サイボーグ魂(TBS 2002年 松本人志が肉体改造)
松本・中居vs日テ!(日本テレビ 2003年放送)
いろもん(日本テレビ)
電波少年(SASUKE)(日本テレビ)
福山雅治・西川貴教のオールナイトニッポンTV(フジテレビ)
27時間テレビ(フジテレビ)
・「疾風怒濤!!FNSの日スーパースペシャルXI真夏の27時間カーニバル〜REBORN」構成
・「FNSオールスターズ27時間笑いの夢列島」総合構成
・「めちゃ2起きてるッ!楽しくなければテレビじゃないじゃん!!」構成
フードバトルクラブ(TBS 2001年4月〜2002年1月)
紅白歌合戦2002(NHK)
WORLDDOWNTOWN(フジテレビ 2004年4月〜9月放送)
カスペ!「全国高校ウォーターボーイズ選手権」(フジテレビ 2004年9月21日放送)
芸能界うんちく王決定戦(テレビ朝日)
第2回新春かくし芸大会2005(フジテレビ 2005年)
ダウンタウンスペシャル(MBS毎日放送)
かざあなダウンタウン(テレビ朝日)
発明将軍ダウンタウン(日本テレビ)
摩訶不思議ダウンタウンの…!?(ABC朝日放送)
ダウンタウン汁(TBS)
ダウンタウン也(TBS)
ダウンタウンの素(TBS)
ビレッジ吉本(TBS)
MBSヤングタウン(MBSラジオ 木曜日)
モーニングビッグ対談(フジテレビ)
働くおっさん人形(フジテレビ)
ダウンタウンのごっつええ感じ(フジテレビ)
爆笑おすピー大問題!!(フジテレビ)
アフリカのツメ(讀賣テレビ)
「ダウンタウンの男ットコ前」(日本テレビ)
「シャララの使いやあらへんで!」(日本テレビ)
「真っ昼ま王」(テレビ朝日)
「今田東野の前義無き戦い」(ABC朝日放送)
「島田紳助のクイズ仕事人」(ABC朝日放送)
「アジアの国からコニャニャチワ」(TBS)
「生生生生ダウンタウン」(TBS)
「ダウンタウン粕」(TBS)
「ナイナイの『名古屋の生正月』」(東海テレビ)
「愛は地球を救う15」〜愛の歌声は地球を救う〜(日本テレビ)
「さんま正月スペシャル『クイズ!世界一周まるもうけ』」(MBS毎日放送)
「ぱふぉぱふぉ」(テレビ朝日)
「えびす温泉」(テレビ朝日)
「渋谷系うらりんご」(フジテレビ)
「ダウンタウンの裏番組をぶっとばせ」(日本テレビ)
「即席!明るい改造計画」(讀賣テレビ)
「かざあなダウンタウン」(テレビ朝日)
「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ)
「ウンナンの桜吹雪は知っている」(TBS)
「めちゃ2モテたい!」(フジテレビ)
「BLT」(讀賣テレビ)
「輝く日本の星(ダウンタウンをつくるのみ参加)」(TBS)
「横沢彪の残りっ屁スペシャル」(フジテレビ)
「豪快!御影屋」(MBS毎日放送)
「ネプイッ!」(テレビ朝日)
「赤ちゃん金ちゃんしゃべる部屋」(TBS)
「ワールドカウントダウンスペシャル〜踊る大晦日走るお台場〜」(フジテレビ)
「おネプ!」(テレビ朝日)
「ちゃんネプ」(テレビ朝日)
「BACKUP」(フジテレビ)
「ハッピーボーイズ」(フジテレビ)
「ぷらちなロンドンブーツ『ガサ入れ』」(テレビ朝日)
「ニュースステーションありがとうスペシャル」(テレビ朝日)
「2001年『FNS27時間テレビ』総合構成」(フジテレビ)
「2001年『紅白歌合戦』」(NHK)
「伝説の教師(原案作成参加)」(日本テレビ)
「明日があるさ」(日本テレビ)
「雨上がり決死隊&さまぁ〜ず豪華3時間!芸能人100人トークギャラ払えるのかよSP!!」
(テレビ朝日)
「winners」(テレビ東京)
「ダウンタウン7」(MBS毎日放送)
「恋愛マスター」(TBS)
「サバイバー」(TBS)
「やりにげコージー」(テレビ東京)
「鶴瓶&ロンブーのお笑いゆく年くる年」(テレビ朝日)
「史上最強のメガヒットカラオケBEST100完璧に歌って1000万円!!(テレビ朝日)
「笑いの祭典!ザ・ドリームマッチ」(TBS)
「ザ・チェアー」(TBS)
「ハナタカ天狗」(TBS)
「ぶちぬき」(テレビ東京)
「考えるヒト」(CX) スーパーバイザー
「考えるヒトコマ」(CX) スーパーバイザー
「感動劇場!家族シネマ」(TBS)
「オオカミ少年」(TBS)
トリハダ〜感じるボロ〜ン〜(ABCテレビ)
ヴァケスケ(フジテレビ)
クギづけ!(日本テレビ)
松本見聞録(TBS)
恋するハニカミ!(TBS)
ジャック10(日本テレビ)
フジ算(フジテレビ)
トップランナー(NHK)
ミリオンの扉
ジャパーン47ch
にっぽん今昔道〜江原啓之のちょっと道草〜
ピン子&今田のニッポンの(秘)お値段〜江原禁断!!お金のワイドショー」企画監修
芸能人格付けチェック2012お正月スペシャル
KAMIWAZA〜神芸〜(朝日放送)企画監修
THE MANZAI 2011
松本人志大文化祭(NHK BSプレミア)
絶対に笑ってはいけない空港24時

脚本

ダウンタウンの流
映画「未来日記」原案・脚本
映画「明日があるさTHEMOVIE」脚本
ビデオ「頭頭」(松本人志プロデュース)脚本
テレビドラマ「明日があるさ」(浜田雅功主演、日本テレビ系列で2001年4月〜6月放送)
舞台「鶴瓶噺2005」の一人芝居
第二日本テレビ内、松本人志コント制作に参加
「6人の放送作家と1人の千原ジュニア」の企画・構成・演出で参加
松本人志初監督、初主演映画「大日本人」制作に脚本で参加
CGアニメ制作に脚本で参加(詳しくは近日発表)
ドワンゴのCMに脚本で参加

著書

「御影屋」(ビクターブックス)
(糸井重里、ウルフルズ、テイ・トウワ、近藤サト、電気グルーヴ、ダウンタウンなどとの対談集)
「友ツレ達」(竹書房関連出版 書き起こしエッセー)
「放送作家になろう!」(同文書院)
「放送室」(東京FM出版)
「放送室の裏」(ワニブックス)
「あまりかん」(ベストセラーズ)

作詞

「SANPEIDAYS」(三瓶)
ゲイシャガールズ(坂本龍一、ダウンタウン、TEITOWA、富家さとしのアルバム)
「炎のおっさんアワー」の作詞に参加
「ココロ花」(笑金オールスターズ)
「AOZORA」(KinKi Kids)

その他

Fプロジェクトに参加し、神宮球場でのヤクルトスワローズ公式試合の場内演出を担当
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved